au ISW12HT

マシンの近状

白ロム入手で2代目となり、Android 4.0にアップグレードしました。
またauの寝かし回線が余っていたのでSIM入れして携帯として使える様にしました。

HTC EVO 3Dについて


2011年6月に米国Sprint版が「EVO 3D 4G」として発売されて、2011年9月にUMTS版の「EVO 3D」が発売、
日本仕様はSprint版ベースで2011年10月に発表されたモデルです。
米国では2010年に発売された「EVO 4G」から1年後に発売されたモデルですが、
auでは5月に「EVO 4G」ベースの「EVO WiMAX」を発売して半年でモデルチェンジした事になります。

ちなみに米国Sprint版ベースのモデルはこれが最後でこの後は日本版がオリジナルとなり、
後継モデルは翌年5月に「HTC J」が発売されました。

HTC EVO 3Dの仕様

項目
メーカー名
名称
使用キャリア au CDMA2000
WiMAX
機種ID HTC ISW12HT (HTI12)
SoC Qualcomm Snapdragon S3 MSM8660
CPU Qualcomm Scorpion 1.19GHz
(Dual cores/L2 Cache 512KB)
RAM LPDDR2 333MHz 1GB (OS上では797MB)
Video Qualcomm Adreno 220 266MHz
OpenGL ES 2.0
ストレージ 内部ストレージ 4GB (内アプリ用領域が1.15GB)
microSDHC 8GB
通信規格 4G WiMAX (IEEE 802.16e-2005)
3G CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
CDMA2000 1x MC
Wi-Fi   IEEE 802.11a/b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth   3.0
液晶 3D対応 Super-LCD 4.3インチ 540×960 (qHD)
カメラ リア 5Mピクセル×2
フロント 1.3Mピクセル
バッテリー   1730mAh
OS Google Android 4.0.3
API Level   15
Bootloader   1.63.000
Kernel Archtecture   armv7l
Kernel Version   3.0.16-0g91c3fa2
Java VM   Dalvik 1.6.0
OpenGL ES   2.0
HTC Sense   3.6

 

My EVO 3Dについて

バックより。
下側がSprint版のEVO 3D (モック)です。
au仕様は、Googleのロゴがあるのが大きな違いです。

フロントより。
au版は、Android 4.0にアップデートしたので、ホーム画面のデザインが変わっています。

バックカバーを外した状態です。
EVOシリーズは、2個バッテリーが付属していました。

箱です。

EVO WiMAX、EVO 3D(UMTS)、Sensationとの比較です。
日本仕様は、2011年5月でしたが、元々米国仕様は2010年6月に発売されたモデルでしたので、1年の違いがあります。
製品の見た目でもこの進歩具合が判ります。ただし、カメラは3Dになったので解像度が落ちたのですが。

裏側より。

Sprint版モックとUMTS版との比較です。
見て判る通り、カメラ周りの色が違います。

カタログ

テレビCM

商品紹介ビデオ

GeekBench 3 Score

  HTC EVO 3D
ISW12HT
Single-Core Score 325
Multi-Core Score 392
Integer Performance Single-core 434
Multi-Core 502
AES Single-core 30.5 MB/sec 34
Multi-Core 62.2 MB/sec 70
Twofish Single-core 37.1 MB/sec 660
Multi-Core 37.8 MB/sec 674
SHA1 Single-core 71.9 MB/sec 662
Multi-Core 72.2 MB/sec 665
SHA2 Single-core 40.4 MB/sec 934
Multi-Core 41.4 MB/sec 955
BZip2 Compress Single-core 1.72 MB/sec
423
Multi-Core 1.78 MB/sec 436
BZip2 Decompress Single-core 2.61 MB/sec 481
Multi-Core 2.61 MB/sec 480
JPEG Compress Single-core 6.97 Mpixels/sec 500
Multi-Core 7.13 Mpixels/sec 512
JPEG Decompress Single-core 11.5 Mpixels/sec 463
Multi-Core 11.5 Mpixels/sec 463
PNG Compress Single-core 435.4 Kpixels/sec 545
Multi-Core 826.5 Kpixels/sec 1035
PNG Decompress Single-core 7.04 Mpixels/sec 610
Multi-Core 6.92 Mpixels/sec 600
Sobel Single-core 17.2 Mpixels/sec 471
Multi-Core 17.2 Mpixels/sec 472
Lua Single-core 381.1 KB/sec 414
Multi-Core 368.2 KB/sec 400
Dijkstra Single-core 1.66 Mpairs/sec 462
Multi-Core 2.66 Mpairs/sec 739
Floating Point Single-core   258
Multi-Core   326
326BlackScholes Single-core 976.1 Knodes/sec 219
Multi-Core 978.1 Knodes/sec 219
Mandelbrot Single-core 312.1 Mflops 304
Multi-Core 430.3 Mflops 419
Sharpen Filter Single-core 255.2 Mflops 344
Multi-Core 257.2 Mflops 347
Blur Filter Single-core 356.0 Mflops 373
Multi-Core 619.2 Mflops 649
SGEMM Single-core 546.6 Mflops 195
Multi-Core 693.9 Mflops 247
DGEMM Single-core 397.6 Mflops 132
Multi-Core 194.6 Mflops 230
SFFT Single-core 338.3 Mflops 306
Multi-Core 322.9 Mflops 614
DFFT Single-core 204.8 Mflops 224
Multi-Core 205.2 Gflops 225
N-Body Single-core 83.8 Kpairs/sec 225
Multi-Core 82.7 Kpairs/sec 222
Ray Trace Single-core 457.1 Kpixels/sec 387
Multi-Core 452.1 Kpixels/sec 383
Memory Single-core   242
Multi-Core   307
Stream Copy Single-core 1.58 GB/sec 395
Multi-Core 1.53 GB/sec 384
Stream Scale Single-core 1.04 GB/sec 260
Multi-Core 1.09 GB/sec 273
Stream Add Single-core 792.2 MB/sec 172
Multi-Core 1.33 GB/sec 293
Stream Triad Single-core 885.5 MB/sec 196
Multi-Core 1.28 GB/sec 290

GeekBenchの改良で多少は解消されていますが、EVO 3Dではマルチコアの対応が不完全で
マルチコアのパフォーマンスが生かされていない場所がある事が判ります。
Android 4.0ではマルチコアの対応はされていますのですが、
マルチコアのパフォーマンスが出なかった一つの要因として、メモリの遅さがあったのかもしれません。

AnTuTu Benchmark v5.7.1

  HTC EVO 3D
ISW12HT
AnTuTu Benchmark v5.7.1 Score 11314
UX マルチタスク 2577
Dalvik 640
CPU (multi thread) 整数演算 623
浮動小数点演算 598
CPU (single thread) 整数演算 842
浮動小数点演算 600
RAM RAM演算能力 449
RAM速度 819
GPU 2Dグラフィックス [960x540]
556
3Dグラフィックス [960x540]
2892
IO ストレージのI/O 443
データベースのI/O 275

こちらもGeekBenchと同じく、マルチコアのパフォーマンスは出ていません。

GFX Bench

  HTC EVO 3D
ISW12HT
高レベルテスト マンハッタン   -
1080p マンハッタン オフスクリーン   -
ティラノサウルス レックス   281
1080p ティラノサウルス レックス オフスクリーン   99
低レベルテスト 算術論理演算   744
1080p 算術論理演算 オフスクリーン   309
アルファブレンド 1017 MB/s
1080p アルファブレンド オフスクリーン 714 MB/s
ドライブオーバーヘッド   397
1080p ドライブオーバーヘッド オフスクリーン   257
フィル 458 MTexels/s
1080p フィル オフスクリーン 431 MTexels/s
特殊テスト 品質のレンダリング -
品質のレンダリング(高精度) -

 

3DMark - The Gamer's Benchmark

  HTC EVO 3D
ISW12HT
Score 2662
Graphics score 3166
Physics score 1709
Graphics test 1 14.7 FPS
Graphics test 2 12.9 FPS
Physics test 5.4 FPS

なんとか動くレベルです。

SmartBench 2012

Productivity Index   1521
Gaming Index   1779
Pi   1517
Mandelbrot   1391
GLTunnel 28fps 2816
String   1681
GLShark 22fps 2132
GLJellyFish 20fps 1160

GL Benchmark 2.5.1

Fill rate C24Z16   111623184
texels/sec
C24Z16 Offscreen   122479736
texels/sec
Triangle throughput:Textured C24Z16   23386344
triangles/sec
C24Z16 Offscreen   20275760
triangles/sec
C24Z16 Vertex lit   20947650
triangles/sec
C24Z16 Offscreen Vertex lit   19044772
triangles/sec
C24Z16 Fragment lit   21227238
triangles/sec
C24Z16 Offscreen Fragment lit   19002740
triangles/sec
GL Benchmark 2.5 Egypt HD C24Z16 15 fps 1651
frames
C24Z16 Offscreen 7.7 fps 871
frames
C24Z16MS4 11 fps 1210
frames
C24Z16MS4 Offscreen Offscreen MSAA not supported
C24Z16 Fixed timestep 12 fps 91504
msec
C24Z16 Fixed timestep Offscreen 6.8 fps 164820
msec
GL Benchmark 2.1 Egypt Classic C16Z16 45 fps 5117
frames
C16Z16 Offscreen 17 fps 1938
frames

ブログリンク

2011/06/24 HTC SensationとEVO 3Dはやはり出るのか?

2011/06/27 auからHTC EVO 3D (ISW12HT)は確定?

2011/06/30 auから発売されるISW12HTは、HTC EVO 3DそれともHTC Kingdom?

2011/08/25 HTC EVO 3D がやってきた

2011/09/17 SAMSUNG GALAXY SII VS HTC EVO 3D (動画編)

2011/09/26 au 2011年秋冬モデル発表

2011/09/27 HTC EVO 3Dで良くなった所

2011/10/07 HTC EVO 3D、MOTOROLA PHOTON 発売開始

2011/10/07 EVO WIMAX、EVO 3D セキュリティアップデート開始

2011/10/08 PHOTON VS EVO 3D VS GALAXY SII PART.1(ベンチマーク編)

2012/07/18 HTC EVO 3Dの修理完了とSIM出し

コメント

EVO WiMAXは、流石に世代が古かった為に、テザリングすると発熱の問題とかがありましたが、
EVO 3Dでこの問題は解決に向かいました。ただカメラのショボさが大きなマイナス点。
Sensationのカメラの進化具合が良かったので、基本性能の悪さが目立った感じでした。
この辺りは、HTC Jでやっと直った感じですね。
パフォーマンス的には、EVO 3D時代のHTCはROMサイズが小さくAndroid 4.0にアップしたものの
アプリサイズの肥大化等に対応できず、アプリがあまり入れれないのが弱点で、
またCPUパフォーマンス、OSの要求レベルもAndroid 4.0時代で急速にアップした事もあり
今となっては最前線で使えない端末となっています。
その意味では、お疲れ様という感じかな。

海外版、au版と2モデル所有した事もあり、思い出深い端末です。

1998 - 2016 Atelier Nii all rights reserved.