Apple Mac mini Early 2005 / M9686J/A

マシンの現状

所有期間:2005年1月〜 (引退は2010年6月)
初代Mac miniです。発表された時にサーバー用途としてはこれだ!と思い予約して発売日に入手しました。
2010年にMac mini Serverに移行するまでは、何回かの引越しもありましたがノントラブルでずっと動作していました。
引退後、電源落としてしばらくしてから投入するとHDDが壊れて・・・。(汗
電源のON/OFFを頻繁にしないのが高寿命の秘訣かもしれません。
その後中古の100GB ATA HDDを入手して交換。
Mac OS X 10.5をインストールして起動はするようになりした。

Mac miniについて

2005年1月に開催されたMacworld Conference & Expoで発表されました。

2000年にデザインに大きくインパクトを与えたものの不具合などもあり短命となった
PowerMac G4 Cubeの仕切り直し版となるモデルとなっています。

Cube時代は製品の位置付けの甘さがありましたが、今回のMac miniはiMacより下位モデルで
58,590円〜70,140円の低価格を実現し、位置付けが明確となっています。
Mac miniのコンパクトさは他メーカーにもインパクトを与えた、その後のミニPCモデルが出て来るきっかけとなっています。
今回のMac miniはヒットモデルとなり、形は変わっていますが現在も現行で発売されているモデルとなってます。

Mac miniの現状の仕様

.8項目
メーカー名
名称
機種ID   PowerMac10,1
CPU モトローラ PowerPC G4 1.25GHz (7447A)
(L2 512KB/FSB 167MHz)
RAM PC3200(DDR-400MHz) 1GB ※動作は333MHz
Video ATI Radeon 9200 (32MB)
HDD 富士通 MHV2100AT (100GB)
DVD-R Panasonic CW-8123 (Combo drive)
OS Apple Mac OS X v10.5.8

このMacについて

GeekBench 2 Score

Model Mac mini
(Early 2005)
PowerMac G4
(QuickSilver 2002)
Mac mini
(Late 2009)
CPU PowerPC G4
1.25GHz
PowerPC G4
Dual 1GHz
Intel Core 2 Duo
2.53 GHz
RAM 1GB
DDR 333MHz
1.5GB
SDRAM 133MHz
8GB
DDR3 1333MHz
OS Mac OS X 10.5.8 Mac OS X 10.7.4
Geekbench Score 744 885 3926
Integer 960 1183 3667
Blowfish single-core scalar 45.2 MB/sec 1029 825 1654
multi-core scalar 45.1 MB/sec 1100 1763 3487
Text Compress single-core scalar 2.64 MB/sec 825 741 2283
multi-core scalar 2.49 MB/sec 758 1420 4400
Text Decompress single-core scalar 4.22 MB/sec 1025 794 1968
multi-core scalar 4.09 MB/sec 1026 1677 4014
Image Compress single-core scalar 9.07 Mpixels/sec 1097 907 2187
multi-core scalar 9.16 Mpixels/sec 1088 1777 4274
Image Decompress single-core scalar 13.7 Mpixels/sec 818 676 2251
multi-core scalar 13.6 Mpixels/sec 833 1315 4298
Lua single-core scalar 371 Knodes/sec 963 770 4399
multi-core scalar 370 Knodes/sec 961 1537 8795
Floating Point 818 1017 5436
Mandelbrot single-core scalar 415 Mflops 623 502 1887
multi-core scalar 415 Mflops 634 1017 3820
Dot Product single-core scalar 483 Mflops 998 803 3436
multi-core scalar 481 Mflops 1056 1698 7242
single-core vector 1.42 Gflops 1182 946 2664
multi-core vector 1.41 Gflops 1355 2178 6122
LU Decomposition single-core scalar 138 Mflops 154 186 1505
multi-core scalar 134 Mflops 152 388 1533
Primality Test single-core scalar 174 Mflops 1166 992 4853
multi-core scalar 158 Mflops 852 1583 7526
Sharpen Image single-core scalar 1.75 Mpixels/sec 748 604 5402
multi-core scalar 1.75 Mpixels/sec 758 1210 10895
Blur Image single-core scalar 702 Kpixels/sec 887 712 6399
multi-core scalar 701 Mpixels/sec 892 1428 12827
Memory 575 425 2642
Read Sequential single-core scalar 377 MB/sec 300 294 3296
Write Sequential single-core scalar 782 MB/sec 1116 807 2557
Stdlib Allocate single-core scalar 2.53 Mallocs/sec 679 455 2399
Stdlib Write single-core scalar 814 MB/sec 384 273 2531
Stdlib Copy single-core scalar 422 MB/sec 400 299 2430
Stream 373 304 2125
Stream Copy single-core scalar 502 MB/sec 358 291 1986
single-core vector 494 MB/sec 372 316 2225
Stream Scale single-core scalar 482 MB/sec 363 296 2098
single-core vector 500 MB/sec 361 312 2133
Stream Add single-core scalar 569 MB/sec 368 289 2092
single-core vector 592 MB/sec 415 330 2406
Stream Triad single-core scalar 567 MB/sec 400 314 2288
single-core vector 674 MB/sec 351 290 1773

GeekBenchのPowerPCサポートの最終版を使ってベンチマークしました。
PowerMac G4 QuickSilver 2002とCPUに関してはシングルとデュアルの違いでマルチスケッド処理が負けていますが、
シングルスレッドでは0.25GHzの値クロック差が出てきています。
メモリとストリームに関しては、世代的に新しいMac miniの方が高パフォーマンスに。
Intel世代のMac mini(Late 2009)と比較すると4年の違いが…。というかIntel世代のパフォーマンスの凄さ判ります。
CPUはクロック相応かもしれませんが、メモリ、ストリームの5倍以上の差が体感にも出ていたと思われます。

CINEBENCH

Model Mac mini
(Early 2005)
PowerMac G4
(QuickSilver 2002)
PowerMac G5
(Late 2005)
CPU PowerPC G4 7447A
1.25GHz
PowerPC G4 7450
Dual 1GHz
PowerPC G5 970MP
Dual 2GHz
RAM 1GB DDR 333MHz 1.5GB SDRAM 133MHz 2GB DDR2 533MHz
GPU ATI Radeon 9200 NVIDIA GeForce 4 MX NVIDIA GeForce 6600LE
OS Mac OS X 10.5.8
CINEBENCH R10
OpenGL 564 CB 142 CB 1806 CB
Single CPU 739 CB 679 CB 1613 CB
Multiple CPU - 1231 CB 2978 CB
Multiprocessor Sppedup - 1.81 x 1.85 x
CINEBENCH R11.5 OpenGL - - -
CPU 0.17 pts 0.29 pts 0.78 pts

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
R10のOpenGLは、QuickSilver 2002と比較するとGPUの世代が新しい為、ベンチマーク結果が良くなっています。
レンダリングについては、 シングルCPUですが、QuickSilver 2002より良い結果になっています。
マルチスレッド処理になると負けますけどね。

コメント

Mac miniの寿命が気になっていましたが、5年間ノントラブルで使えたのは良かったでした。
Intel CPUへの移行などの激動の時期だった事もあり、それを乗り越えれたのは大きいと思います。

1998 - 2016 Atelier Nii all rights reserved.