Apple PowerMacintosh G3 Blue & White June 1999 / M7556J/A

マシンの現状

所有期間:2014年12月〜
ジャンクコレクションで勢い余って・・・。(汗

PowerMacintosh G3 Blue & Whiteについて

当時人気モデルとなったiMacのデザインを通常のデスクトップ機に採用したモデルです。

Blue & Whiteは、iMacのデザインを取り入れたPowerMacとなります。
従来のベージュから脱却を狙ったモデルとなります。
メンテナンス性の良いボディ構造など新しい要素を取り入れたのですが、ポップでポリタンクみたいな本体デザイン、
iMacと同じキーボード、マウスなどが不評で、評価的にはよくないモデルでした。
この為、8ヶ月後にグラファイトカラーにしてCPUにPowerPC G4を搭載したPowerMac G4が発売され短命なモデルとなっています。
(キーボード、マウスに関してはグラファイトに変更されましたが、2000年モデルで変更されることになりす)
しかしこのPowerMacintosh G3は、iMacから始まったNew World Romを搭載していて、PowerMac G4時代、Mac OS X時代を見据え
Mac Pro(アルミボディまで)時代の基準となるハードウェアの元となったモデルです。

PowerMacintosh G3 Blue & Whiteの現在の仕様

項目
メーカー名
名称
機種ID   PowerMac1,1
CPU IBM or モトローラ PowerPC G3 (750) 350MHz
(L2 1MB)
FSB   100MHz
RAM SDRAM 320MB
Video ATI Rage 128 GL 16MB
HDD   320GB (120GB/120GBのパーティションで利用)
光学ドライブ Panasonic SW-9586 (スーパードライブ)
OS Apple Mac OS X v10.4.11

メモリは、購入時から128MB×2枚追加されていて、合計320MBとなっていました。
光学ドライブは元がCD-ROMドライブなので、DVD-R対応のドライブ交換しています。
HDDは元々付いていたのは寿命で壊れていたので、320GBのドライブを移植。
当時のATA規格は、128GB以上をサポートしたBig Driveの規格が規定される前だったので
120GBを2パーティション作成で極力容量を使えるようにしています。

このMacについて

PowerMac G3で対応している最終版のMac OS X 10.4.11です。
Mac OS X 10.4.11は、2007年11月リリースなので最新のOSは約8年使えた事になります。
ただ、直後のPowerMac G4で大幅にパワーアップされたので、メインで使い続けられたのは短い期間と思われますが。

GeekBench 2 Score

Model PowerMacintosh G3
(Blue & White
June 1999)
350MHz
PowerMac G4
(QuickSilver 2002)
1GHz Dual
PowerMac G5
(Late 2005)
2GHz Dual
CPU PowerPC G3
350MHz
PowerPC G4
Dual 1GHz
PowerPC G5
970MP 2GHz
RAM 320MB
SDRAM 100MHz
1.5GB
SDRAM 133MHz
2GB
DDR2 533MHz
OS Mac OS X 10.4.11 Mac OS X 10.5.8 Mac OS X 10.5.8
Geekbench Score 113 885 1899
Integer 162 1183 2014
Blowfish single-core scalar 5.33 MB/sec 121 825 1024
multi-core scalar - - 1763 2178
Text Compress single-core scalar 352 KB/sec 107 741 1604
multi-core scalar - - 1420 3026
Text Decompress single-core scalar 607 KB/sec 144 794 1430
multi-core scalar - - 1677 2944
Image Compress single-core scalar 2.21 Mpixels/sec 267 907 1383
multi-core scalar - - 1777 2698
Image Decompress single-core scalar 3.14 Mpixels/sec 186 676 1308
multi-core scalar - - 1315 2462
Lua single-core scalar 58.5 Knodes/sec 151 770 1379
multi-core scalar - - 1537 2732
Floating Point 121 1017 2123
Mandelbrot single-core scalar 81.0 Mflops 121 502 1334
multi-core scalar - - 1017 2690
Dot Product single-core scalar 47.5 Mflops 98 803 1375
multi-core scalar - - 1698 2878
single-core vector - - 946 1660
multi-core vector - - 2178 3801
LU Decomposition single-core scalar 18.4 Mflops 20 186 761
multi-core scalar - - 388 1160
Primality Test single-core scalar 17.3 Mflops 115 992 2231
multi-core scalar - - 1583 3506
Sharpen Image single-core scalar 376 Kpixels/sec 161 604 1292
multi-core scalar - - 1210 2548
Blur Image single-core scalar 170 Kpixels/sec 214 712 1503
multi-core scalar - - 1428 2987
Memory 68 425 1474
Read Sequential single-core scalar 22.4 MB/sec 17 294 1723
Write Sequential single-core scalar 14.2 MB/sec 20 807 1800
Stdlib Allocate single-core scalar 579 Kallocs/sec 155 455 883
Stdlib Write single-core scalar 237 MB/sec 111 273 1412
Stdlib Copy single-core scalar 43.8 MB/sec 41 299 1554
Stream 7 304 1564
Stream Copy single-core scalar 16.4 MB/sec 11 291 1504
single-core vector - - 316 1683
Stream Scale single-core scalar 10.1 MB/sec 7 296 1470
single-core vector - - 312 1606
Stream Add single-core scalar 8.96 MB/sec 5 289 1443
single-core vector - - 330 1597
Stream Triad single-core scalar 7.83 MB/sec 5 314 1586
single-core vector - - 290 1627

GeekBenchのPowerPCサポートの最終版を使ってベンチマークしました。
PowerMac G3で動作するバージョンは、Mac OS X 10.4に対応した2.2.0を使用しています。
結果は見てわかる通り、クロックの違い以上に低い結果となっています。

コメント

PowerMac G3は既に15年前の製品です。当時のWindowsは、Windows 2000とWindows Me世代。
Intel Pentium III、AMD K6-2等の時代です。時代を感じます。
PowerPC G3(750)は、Intel系の世代だとL2キャッシュが外付けのPentium II(ただし)に近い世代と思われます。
Intel系で当時搭載されつつあったMMXやSSE等のSIMD演算機はG3世代ではなく、PowerPC G4系で搭載されることになります。
グラフィックもATI Rege 128と本格的なGPU登場前の時代ですね。

1998 - 2016 Atelier Nii all rights reserved.