Apple PowerMac G4 Cube July 2000 / M7642J/A

マシンの現状

所有期間:2014年12月〜
やっと憧れのG4 Cubeをゲット。
流石に安くなりましたね。

PowerMac G4 Cubeについて

PowerMac G4 Cubeは、2000年7月に開催された「Macworld New York 2000」の基調講演で発表されました。
ステーィブ・ジョブズがiMacに次いで出したかったプロダクトと思われます。
PowerMac G4 Cubeは、間違いなく1988年にNeXT Cubeの系統ですね。

発表当時の表情から見てもよく判ります。

内部ユニットを出したところ。
デザイン優先で、いかにメンテナンス確保するかを考えた結果と思われます。

しかし、自信作として発表したものの不具合も多く、販売価格が198,000円〜278,000円と
通常のPower Mac G4 (Gigabit Ethernet)の198,000円〜428,000円と価格帯が被り、
iMacの98,000円からiMac DV Special Editionの178,000円と比較すると高く感じると事もあり
中途半端な状態となってしまい、1代限りのモデルとなってしまいました。
ただデザインに関しては、この後のPowerMac G4 QuickSilver等に引き継がれ、
Cubeの仕切り直しとなった登場したMac miniは今もラインナップの一つと続いていまし、
デザインのために妥協しないMacを作るのは、今のMacPro等も含めて継続されています。

PowerMac G4 Cubeの現在の仕様

項目 メーカー名 名称
機種ID   PowerMac5,1
CPU モトローラ PowerPC G4 (7400) 450MHz
(L2 1MB)
FSB   100MHz
RAM SDRAM 1024MB (512MB + 256MB×2 DIMM)
Video ATI RAGE 128 Pro 16MB
HDD WD 250GB (WD2500BB)
光学ドライブ   DVD-ROM
OS Apple Mac OS X v10.5.8

PowerMac G4 Cubeは、元々Mac OS X 10.4までしかサポートされいませんが、Mac OS X 10.5がインストールされているHDDを接続すると問題なく起動します。
交換したHDDに予めMac OS X 10.5を入れておき、HDDを交換してPowerPCがサポートされている最終盤のOSとしています。
しかし、グラフィックボードの世代が低すぎてスクリーンセーバー等がすごい重い状態になっています。

このMacについて

OSはアップグレードできる限界は、このCubeはMac OS X 10.4.11までです。
(PowerPC最終版)であるMac OS X v10.5系は、PowerPC G4は動作クロックが867MHz以上という制限がある為、通常はインストール時に弾かれます。
しかし、Mac OS X v10.5がインストールされているHDDから起動させると普通に起動するため、ターゲットディスクモード等で条件を満たすPowerPCのMacからインストールすれば利用できるようになります。(Power PC G3はどの様にしても無理)
このCubeもMac OS X 10.5.8にアップデートできてある程度ましになったかもしれません。
動作対象外のMacなので、スクリーンセーバー等が劇重ですが。

GeekBench 2 Score

Model PowerMac G4 Cube PowerMac G4
(QuickSilver 2002)
CPU PowerPC G4 450MHz PowerPC G4
Dual 1GHz
RAM 1GB SDRAM 100MHz 1.5GB
SDRAM 133MHz
OS Mac OS X 10.5.8 Mac OS X 10.4.11 Mac OS X 10.5.8
Geekbench Score 309 240 885
Integer 361 237 1183
Blowfish single-core scalar 14.0 MB/sec 319 219 825
multi-core scalar 14.0 MB/sec 341 - 1763
Text Compress single-core scalar 1.17 MB/sec 364 224 741
multi-core scalar 1.11 MB/sec 339 - 1420
Text Decompress single-core scalar 1.59 MB/sec 387 220 794
multi-core scalar 1.56 MB/sec 391 - 1677
Image Compress single-core scalar 3.35 Mpixels/sec 405 344 907
multi-core scalar 3.39 Mpixels/sec 402 - 1777
Image Decompress single-core scalar 5.11 Mpixels/sec 304 212 676
multi-core scalar 5.07 Mpixels/sec 310 - 1315
Lua single-core scalar 150 Knodes/sec 389 207 770
multi-core scalar 149 Knodes/sec 387 - 1537
Floating Point 320 273 1017
Mandelbrot single-core scalar 242 Mflops 363 219 502
multi-core scalar 242 Mflops 369 - 1017
Dot Product single-core scalar 147 Mflops 305 278 803
multi-core scalar 147 Mflops 322 - 1698
single-core vector 295 Mflops 246 224 946
multi-core vector 295 Mflops 282 - 2178
LU Decomposition single-core scalar 71.1 Mflops 79 62 186
multi-core scalar 63.4 Mflops 72 - 388
Primality Test single-core scalar 61.9 Mflops 414 355 992
multi-core scalar 58.9 Mflops 317 - 1583
Sharpen Image single-core scalar 883 Kpixels/sec 378 343 604
multi-core scalar 877 Kpixels/sec 380 - 1210
Blur Image single-core scalar 381 Kpixels/sec 480 435 712
multi-core scalar 381 Kpixels/sec 484 - 1428
Memory 263 238 425
Read Sequential single-core scalar 181 MB/sec 144 125 294
Write Sequential single-core scalar 307 MB/sec 437 382 807
Stdlib Allocate single-core scalar 1.06 Mallocs/sec 283 284 455
Stdlib Write single-core scalar 514 MB/sec 242 206 273
Stdlib Copy single-core scalar 225 MB/sec 213 194 299
Stream 184 147 304
Stream Copy single-core scalar 228 MB/sec 162 127 291
single-core vector 306 MB/sec 230 171 316
Stream Scale single-core scalar 220 MB/sec 165 128 296
single-core vector 244 MB/sec 176 134 312
Stream Add single-core scalar 266 MB/sec 172 144 289
single-core vector 288 MB/sec 201 159 330
Stream Triad single-core scalar 257 MB/sec 181 154 314
single-core vector 368 MB/sec 192 166 290

GeekBenchのPowerPCサポートの最終版を使ってベンチマークしました。
QuickSilverの1GHz Dualと比較するとクロック、CPU数相応なベンチマーク結果となっています。
Mac OS X 10.4+GeekBench 2.2.0とMac OS X 10.5+GeekBench 2.2.7でベンチマークを比較すると総じて1.2倍程度のスコア値向上していました。
Mac OS X 10.5世代で内部も結構改良されているという事かと思われます。

CINEBENCH

Model PowerMac G4
(QuickSilver 2002)
PowerMac G4
(QuickSilver 2002)
CPU PowerPC G4
450MHz
PowerPC G4
Dual 1GHz
RAM 1GB SDRAM 100MHz 1.5GB SDRAM 133MHz
GPU ATI RAGE 128 Pro NVIDIA GeForce 4 MX
OS Mac OS X 10.5.8
CINEBENCH R10
OpenGL 47 CB 142 CB
Single CPU 298 CB 679 CB
Multiple CPU - 1231 CB
Multiprocessor Sppedup - 1.81 x
CINEBENCH R11.5 OpenGL - -
CPU 0.07 pts 0.29 pts

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
Open GLは、編集画面のパフォーマンス、CPUはレンダリング速度を測定します。
PowerMac G4 Cubeは、とりあえず動く程度でベンチマークの待ち時間が尋常ではない状態でした。

コメント

もうすぐ登場して15年が経過。当時はWindows系だとPentium III (Coppermine)世代で、1GHzに届いた時代でした。
この後にどのPCも加速度的にクロックアップしていき排熱処理が課題となって行きました。
このPower Mac G4 Cubeはファンレスのモデルが出来た時代だからこそ出来た製品かもしれません。

1998 - 2016 Atelier Nii all rights reserved.