Apple PowerMac G4 Quick Silver 2002 / M8667J/A

マシンの現状

所有期間:2014年12月〜
QuickSilver 1GHz Dualが数千円で売られていたのでコレクション用に。(汗
前のQuickSilverを手放してから丁度10年ぶりです。
以前のQuickSilverは初期の733MHzだったのですが、今回のQuickSilverは後期(2002)の1GHzと最上位モデルとなります。
ちなみにMac OS X v10.5 Leopardは、PowerPC G4 867MHz以上という制限が入ってしまった為、
下位モデルと上位モデルでモデルライフの明暗が分かれてしまっています。

PowerMac G4 Quick Silver 2002について

PowerMac G4 Digital Audioからデザイン一新などをして、
当時のデザインであるシルバー(チタン)調に変更した見た目でわかるモデルとなっています。

Quick Silver 2002は、AppleのMacintoshで初めて1GHzを搭載したマイナーチェンジモデルです。
内部的には、前モデルのDigital Audioの小改良となり、CPUのクロックアップが特徴で
Digital Audioの最高クロックモデルがQuick Silverでは最下位モデルとなるという
パフォーマンス的には一気に向上したモデルとなります。
また当時は、Mac OS 9からMac OS Xへの移行期で、Quick Silverは最後のMac OS 9単体で
ブートできるモデルであり、中古でプレミアムがつく状態となっていました。
特に今回のDual 1GHzは2005年頃の中古相場は結構いい値段だった記憶が残っています。
Quick SilverとQuick Silver 2002は、CPUの変更以外にATA規格が128GB以上のHDDをサポートしたBig Driveに対応していることです。
公式に対応とは発表されていませんが、この対応によって大容量のHDDを使用することが可能となっています。

PowerMac G4 Quick Silver 2002の現在の仕様

項目
メーカー名
名称
機種ID   PowerMac3,5
CPU モトローラ PowerPC G4 (7450) Dual 1GHz
(L2 256KB、L3 2MB)
FSB   133MHz
RAM SDRAM 1.5GB (512MB×4 DIMM)
Video NVIDIA GeForce4 MX 64MB
HDD   500GB (S-ATA/ATA変換経由)
光学ドライブ Panasonic SW-9586 (スーパードライブ)
OS Apple Mac OS X v10.5.8

メモリは、購入時から最大MAXの1.5GBを搭載していました。
多分、どこかのデザイン事務所で使用したのでしょうか…。
光学ドライブは、PIONNER DVR-104だったのですが寿命が来ていたので
中古で399円にて購入したPanasonicのSW-9586に交換しました。

このMacについて

OSはアップグレードできる限界(PowerPC最終版)であるMac OS X v10.5.8です。
Mac OS X v10.5.8は、2009年8月なのでこのモデルは2002年〜2009年の7年間現役で活躍できた事になります。
2008年頃になるとパフォーマンスのギャップが激しかったと思いますが。
新品で購入した先代QuickSilverは、2001年7月〜2004年12月だったので丁度良かったのかもしれません。

GeekBench 2 Score

Model PowerMac G4
(QuickSilver 2002)
1GHz Dual
PowerMac G5
(Late 2005)
2GHz Dual
CPU PowerPC G4
Dual 1GHz
PowerPC G5
970MP 2GHz
RAM 1.5GB
SDRAM 133MHz
2GB
DDR2 533MHz
OS Mac OS X 10.5.8 Mac OS X 10.5.8
Geekbench Score 885 1899
Integer 1183 2014
Blowfish single-core scalar 36.3 MB/sec 825 1024
multi-core scalar 72.3 MB/sec 1763 2178
Text Compress single-core scalar 2.37 MB/sec 741 1604
multi-core scalar 4.66 MB/sec 1420 3026
Text Decompress single-core scalar 3.27 MB/sec 794 1430
multi-core scalar 6.68 MB/sec 1677 2944
Image Compress single-core scalar 7.49 Mpixels/sec 907 1383
multi-core scalar 15.0 Mpixels/sec 1777 2698
Image Decompress single-core scalar 11.4 Mpixels/sec 676 1308
multi-core scalar 21.5 Mpixels/sec 1315 2462
Lua single-core scalar 297 Knodes/sec 770 1379
multi-core scalar 591 Knodes/sec 1537 2732
Floating Point 1017 2123
Mandelbrot single-core scalar 334 Mflops 502 1334
multi-core scalar 666 Mflops 1017 2690
Dot Product single-core scalar 388 Mflops 803 1375
multi-core scalar 774 Mflops 1698 2878
single-core vector 1.13 Gflops 946 1660
multi-core vector 2.27 Gflops 2178 3801
LU Decomposition single-core scalar 166 Mflops 186 761
multi-core scalar 340 Mflops 388 1160
Primality Test single-core scalar 148 Mflops 992 2231
multi-core scalar 294 Mflops 1583 3506
Sharpen Image single-core scalar 1.41 Mpixels/sec 604 1292
multi-core scalar 2.79 Mpixels/sec 1210 2548
Blur Image single-core scalar 564 Kpixels/sec 712 1503
multi-core scalar 1.12 Mpixels/sec 1428 2987
Memory 425 1474
Read Sequential single-core scalar 370 MB/sec 294 1723
Write Sequential single-core scalar 565 MB/sec 807 1800
Stdlib Allocate single-core scalar 1.70 Mallocs/sec 455 883
Stdlib Write single-core scalar 580 MB/sec 273 1412
Stdlib Copy single-core scalar 316 MB/sec 299 1554
Stream 304 1564
Stream Copy single-core scalar 408 MB/sec 291 1504
single-core vector 420 MB/sec 316 1683
Stream Scale single-core scalar 394 MB/sec 296 1470
single-core vector 432 MB/sec 312 1606
Stream Add single-core scalar 447 MB/sec 289 1443
single-core vector 471 MB/sec 330 1597
Stream Triad single-core scalar 446 MB/sec 314 1586
single-core vector 556 MB/sec 290 1627

GeekBenchのPowerPCサポートの最終版を使ってベンチマークしました。
PowerMac G5 2GHz Dualとの値も一緒に載せていますが、
整数と浮動小数点は2GHzと1GHzの違いもあるので半分程度は妥当なのですが、
メモリとストレージのベンチマークが…。
HDDはS-ATAとATA100の違いはあるもののPowerMac G5に使っているHDDと性能的には大差ないので、
こちらもメモリに足引っ張られているのだと思われます。
こう考えるとG5のパフォーマンスって当時はすごかったのかと思われます。

CINEBENCH

Model PowerMac G4
(QuickSilver 2002)
PowerMac G5
(Late 2005)
MacBook Pro 13
(Mid 2009)
CPU PowerPC G4 7450
Dual 1GHz
PowerPC G5 970MP
Dual 2GHz
Intel Core 2 Duo P8700
2.53GHz
RAM 1.5GB SDRAM 133MHz 2GB DDR2 533MHz 8GB DDR3 1067MHz
GPU NVIDIA GeForce 4 MX NVIDIA GeForce 6600LE NVIDIA GeForce 9400M
OS Mac OS X 10.5.8 OS X Yosemite 10.10.1
CINEBENCH R10
OpenGL 142 CB 1806 CB 4607 CB
Single CPU 679 CB 1613 CB 2708 CB
Multiple CPU 1231 CB 2978 CB 5414 CB
Multiprocessor Sppedup 1.81 x 1.85 x 2.00 x
CINEBENCH R11.5 OpenGL - - 6.10 fps
CPU 0.29 pts 0.78 pts 1.44 pts

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
Open GLは、編集画面のパフォーマンス、CPUはレンダリング速度を測定します。
Power Mac G5、MacBook Pro 13と比較していますが、7年の差が結構な差があります。
マルチコアのパフォーマンスは、CPUが2個かコアが2個かの違いが出でいると思われます。

コメント

懐かしさもあって手に入れてみました。

1998 - 2016 Atelier Nii all rights reserved.