Apple iMac Retina 5K ディスプレイモデル Late 2014 / MF886J/A

マシンの近状

画面スペースの魅力に負けて購入しました。

iMac Retina 5K ディスプレイモデルについて

iPhone、iPad、MacBook Pro Retina ディスプレイに続いての初のデスクトップ用のRetinaディスプレイです。
従来のiMac 27インチモデルの2,560 x 1,440ピクセルを縦横2倍に広げた5,120 x 2,880ピクセルの解像度のRetinaディスプレイを搭載したのが最大の特徴です。
ハードウェア的には先代のiMac 27インチからGPUがNVIDIAからAMDへ変更された以外は大きなスペック変更はない様子です。

iMacの現在の仕様

項目
メーカー名
名称
機種ID   iMac 15,1
CPU Intel  Core i5-4690 3.5GHz
(L2 6MB/1 processor, 4 cores, 4 threads)
チップセット Intel Z87 Express (多分)
RAM DDR3  12GB (4GB×2 + 2GB×2)
Video AMD AMD Radeon R9 M290X (2GB)
液晶   27インチ Retina 5K (5,120 x 2,880)
HDD APPLE SSD SD0128F (128GB)
APPLE (Seagate) HDD ST1000DM003 (1TB)
OS Apple OS X Yosemite 10.10

ハードウェアは、MacBook Proで取り外して余っていたメモリをつけて12GBに増設しています。
外付けHDDは、データとTime Machineバックアップ用として使用中。

このMacについて

GeekBench 3 Score

Model iMac Retina 5K
Late 2014
iMac 27-inch
Mid 2011
CPU Intel Core i5-4690
3.5GHz
Intel Core i5-2500S 2.70 GHz
RAM 12GB DDR3 1600MHz 12GB DDR3
1333MHz
Single-Core Score 3869 2975
Multi-Core Score 12378 7847
Integer Performance Single-core 4061 2999
Multi-Core 13982 8840
AES Single-core 5.30 GB/sec 6188 2904
Multi-Core 8.51 GB/sec 9942 7261
Twofish Single-core 203.8 MB/sec 3632 2700
Multi-Core 766.6 MB/sec 13661 8198
SHA1 Single-core 459.0 MB/sec 4228 2879
Multi-Core 1.70 GB/sec 16079 8826
SHA2 Single-core 207.6 MB/sec 4798 3151
Multi-Core 793.2 MB/sec 18331 9608
BZip2 Compress Single-core 12.8 MB/sec 3147 2714
Multi-Core 48.7 MB/sec 11969 8184
BZip2 Decompress Single-core 17.5 MB/sec 3238 2644
Multi-Core 66.8 MB/sec 12325 8057
JPEG Compress Single-core 54.8 Mpixels/sec 3932 3285
Multi-Core 207.6 Mpixels/sec 14899 9756
JPEG Decompress Single-core 134.4 Mpixels/sec 5435 4383
Multi-Core 499.7 Mpixels/sec 20215 13025
PNG Compress Single-core 2.75 Mpixels/sec 3443 2823
Multi-Core 10.4 Mpixels/sec 13082 9101
PNG Decompress Single-core 44.7 Mpixels/sec 3880 3151
Multi-Core 166.1 Mpixels/sec 14402 9492
Sobel Single-core 165.7 Mpixels/sec 4553 3278
Multi-Core 612.6 Mpixels/sec 16835 9961
Lua Single-core 4.23 MB/sec 4704 2868
Multi-Core 15.1 MB/sec 16844 8429
Dijkstra Single-core 10.4 Mpairs/sec 2885 2586
Multi-Core 29.5 Mpairs/sec 8216 6568
Floating Point Single-core   4050 3103
Multi-Core   15311 9403
BlackScholes Single-core 21.7 Mnodes/sec 4876 3768
Multi-Core 81.1 Mnodes/sec 18227 11186
Mandelbrot Single-core 3.52 Gflops 3438 2723
Multi-Core 13.3 Gflops 13026 8194
Sharpen Filter Single-core 2.57 Gflops 3469 2792
Multi-Core 9.72 Gflops 13111 8473
Blur Filter Single-core 2.60 Gflops 2727 2226
Multi-Core 9.84 Gflops 10327 6654
SGEMM Single-core 11.2 Gflops 3982 4100
Multi-Core 43.0 Gflops 15351 12261
DGEMM Single-core 6.36 Gflops 4331 3653
Multi-Core 23.4 Gflops 15933 11257
SFFT Single-core 3.95 Gflops 3742 2744
Multi-Core 15.0 Gflops 14234 8441
DFFT Single-core 3.51 Gflops 3858 2788
Multi-Core 13.2 Gflops 14480 8342
N-Body Single-core 2.14 Mpairs/sec 5759 3067
Multi-Core 8.10 Mpairs/sec 21834 9471
Ray Trace Single-core 6.17 Mpixels/sec 5231 3698
Multi-Core 23.6 Mpixels/sec 20022 11365
Memory Single-core   3125 2674
Multi-Core   3306 2752
Stream Copy Single-core 14.5 GB/sec 3627 2705
Multi-Core 16.0 GB/sec 4012 2735
Stream Scale Single-core 11.8 GB/sec 2961 2699
Multi-Core 12.5 GB/sec 3142 2774
Stream Add Single-core 13.6 GB/sec 3016 2615
Multi-Core 12.9 GB/sec 3048 2704
Stream Triad Single-core 12.9 GB/sec 2946 2678
Multi-Core 13.7 GB/sec 3110 2796

参考までに、以前持っていたiMacと同じスペックのベチマーク結果を引っぱって来ました。
iMacの新旧共にCore i5は、物理コアが4コアのハイパースレッディングなしの4コア、4スレッドです。
iMac 5Kと前のiMacはCPU動作速度のただIvy Bridge搭載に伴い、メモリがDDR3 1600MHzと速度アップした恩恵がメモリの結果に出ていると思います。
4コアのiMacの方が圧倒的に有利かなと思ったのですが、2コア、4 スレッドのMacBook Proでも良い結果となっています。

Unigine Heaven Benchmark 4.0

    iMac Retina 5K
Late 2014
(MF886J/A)
MacBook Pro 13
Mid 2012
(MD101J/A)
Settings Render OpenGL
Mode 5120x2880 fullscreen 2560x1440 fullscreen 1280x800 fullscreen
Preset Custom
Quality Medium
Tessellation Disabled
Benchmark
FPS 6.2 29.3 88.3 15.8
Score 157 739 2224 398
Min FPS 3.8 11.0 16.8 9.8
Max FPS 13.0 60.0 141.9 29.5

Unigineというゲームエンジンで作られたベンチマークソフトです。
フル解像度、旧iMacと同じ解像度、MacBook Proと同じ解像度で比較しています。
やはり独立したGPUを搭載しているだけに通常の解像度で十分すぎるパフォーマンスです。
ただフル解像度はまだ荷が重たいかな。

Unigine Valley Benchmark 1.0

    iMac Retina 5K
Late 2014
(MF886J/A)
MacBook Pro 13
Mid 2012
(MD101J/A)
Settings Render OpenGL
Mode 5120x2880 fullscreen 2560x1440 fullscreen 1280x800 fullscreen
Preset Custom
Quality Medium
Tessellation Disabled
Benchmark
FPS 8.8 35.3 57.4 15.8
Score 369 1475 2400 398
Min FPS 5.2 19.6 30.5 9.8
Max FPS 13.5 57.1 63.7 29.5

こちらもHeaven Benchmarkと同じくUnigineのゲームエンジンで作られたベンチマークソフトです。
こちらもHeaven Benchmarkとパフォーマンスは同様の傾向です。

CINEBENCH

Model iMac Retina 5K
(Late 2014)
iMac 21
Mid 2010
(MC508J/A)
MacBook Pro 13
(Mid 2012)
CPU Intel Core i5-4690
3.5GHz
Intel Core i3-540
3.06GHz
Intel Core i5-3210M 2.5GHz
RAM 12GB DDR3 1600MHz 8GB DDR3 1333MHz 16GB DDR3 1600MHz
GPU AMD Radeon R9 M290X AMD Mobility Radeon
HD 4670
HD Graphics 4000
OS OS X Yosemite 10.10.1
CINEBENCH R10
OpenGL 5897 CB 4329 CB 7231 CB
Single CPU 6388 CB 3618 CB 1613 CB
Multiple CPU 21229 CB 8484 CB 2978 CB
Multiprocessor Sppedup 3.32 x 2.34 x 1.85 x
CINEBENCH R11.5 OpenGL 53.60 fps 26.21 fps 21.76 fps
CPU 6.03 pts 2.51 pts 2.75 pts
CINEBENCH R15 OpenGL 47.83 fps 20.65 fps 15.88 fps
CPU 531 cb 224 cb 244 cb

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
Open GLは、編集画面のパフォーマンス、CPUはレンダリング速度を測定します。
Power Mac G5、MacBook Pro 13と比較していますが、7年の差が結構な差があります。
マルチコアのパフォーマンスは、CPUが2個かコアが2個かの違いが出でいると思われます。

コメント

MacBook Pro 13 (Mid 2012) + フルHDモニタで使っていましたが、前持っていたiMac 27インチの広さは良かったので再びと言うところです。
ドットが細かくなっている丈に発色もよく、綺麗に見えます。
27インチで高解像度にするとちょっとドットが細かくなりすぎるのか、小さくなって見づらくなってしまいますけどね。(汗

1998 - 2016 Atelier Nii all rights reserved.