Apple iMac 21インチ Mid 2010 / MC508J/A

マシンの近状

ロフト用にモニターを大きめの方が良いと思い、安いiMacを購入。
MacBook Proと交代です。

iMacについて

2009年に登場したUnibody iMacのマイナーチェンジモデルです。
2010年7月27日に発表され前は27インチの一部モデルのみだったCore iシリーズ搭載が全モデルで搭載となりました。
2010年モデルは、Nehalemマイクロアーキテクチャの第1世代 Core iシリーズとなります。
翌年の2011年モデルは、Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャの第2世代 Core iシリーズとThunderboltに対応、
2012年モデルは、Slim Unibody iMacとなり、Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャの第3世代 Core iシリーズと
USB 3.0へ対応と世代ごとにCPU、インターフェイス等が更新されることになります。

iMacの現在の仕様

項目
メーカー名
名称
機種ID   Mac11,2
CPU Intel  Core i3-540 3.06GHz
(L2 4MB/1 processor, 2 cores, 4 threads)
チップセット Intel P55 Express
RAM DDR3-1333  4GB (2GB×2)
Video AMD Mobility Radeon HD 4670 (256MB)
液晶   21インチ(1920×1080)
HDD WD WD20EARS (2TB)
DVD-R 日立LG GA32N(スーパードライブ)
OS Apple OS X Yosemite 10.10.1
Microsoft Windows 7 Home Premium SP1

ハードウェアは、HDDを2TBに交換した程度で他はまだまだ。

このMacについて

デスクトップのCore i3は、2コア、4スレッド、Core i5は、4コア、4スレッド、
Core i7は4コア、8スレッド以上となります。
Core i3は、ノートのCore i5に近いですね。

Windows 7 エクスペリエンス インデックス

メモリとHDDで5.9どまりです。

HWiNFO64測定結果

CPUは、Socket H1(LGA 1156)なので交換可能という事が判ります。
実際、交換した方もいるのでこの世代のCPUが入手しやすい間にCore i5かCore i7を入手したいですね。
チップセットはIntel P55、ビデオはATI Mobility Radeon HD 4670であることが判ります。

GPU-Z測定結果

GPUの情報はHWiNFOでは分かりづらいので、TechPowerUpのGPU-Zで。
ATI Mobility Radeon HD 4670はデスクトップ用のATI Radeon HD 4670と比較すると
デスクトップ用はGPU 750MHz、メモリ 1GHzに対して、GPU 680MHz、メモリ790MHzと抑えられています。
DirectX10.1世代、Shadr Model 4.1対応、メモリは128bitバスという事がわかります。
当時のRadeonの設計思想でShader数は多くという感じで、320個のShaderがある事が判ります。

GeekBench 3 Score

Model iMac 21
Mid 2010
(MC508J/A)
MacBook Pro 13
Early 2011
(MC700J/A)
CPU Intel Core i3-540
3.06GHz
Intel Core i5-2410M
2.3GHz
RAM 4GB DDR3 1333MHz 4GB DDR3 1333MHz
OS OS X Yosemite OS X Yosemite
Single-Core Score 2134 2439
Multi-Core Score 4605 4964
Integer Performance Single-core 2062 2449
Multi-Core 4972 5646
AES Single-core 139.3 MB/sec 189 2397
Multi-Core 276.4 MB/sec 404 4658
Twofish Single-core 120.8 MB/sec 2420 2194
Multi-Core 238.7 MB/sec 6580 5465
SHA1 Single-core 260.6 MB/sec 2910 2315
Multi-Core 515.0 MB/sec 5481 4954
SHA2 Single-core 112.0 MB/sec 3042 2544
Multi-Core 219.0 MB/sec 5798 5007
BZip2 Compress Single-core 7.15 MB/sec 2163 2177
Multi-Core 14.1 MB/sec 5632 5408
BZip2 Decompress Single-core 9.98 MB/sec 2235 2142
Multi-Core 19.5 MB/sec 6110 5627
JPEG Compress Single-core 29.0 Mpixels/sec 2466 2684
Multi-Core 57.0 Mpixels/sec 6806 6568
JPEG Decompress Single-core 68.5 Mpixels/sec 3431 3587
Multi-Core 131.0 Mpixels/sec 7657 7676
PNG Compress Single-core 1.60 Mpixels/sec 2702 2465
Multi-Core 3.12 Mpixels/sec 6990 6409
PNG Decompress Single-core 24.3 Mpixels/sec 2546 2601
Multi-Core 46.9 Mpixels/sec 6791 6255
Sobel Single-core 71.0 Mpixels/sec 2394 2652
Multi-Core 138.9 Mpixels/sec 6243 6013
Lua Single-core 1.79 MB/sec 2363 2312
Multi-Core 3.58 MB/sec 5548 5151
Dijkstra Single-core 4.92 Mpairs/sec 1901 2086
Multi-Core 7.59 Mpairs/sec 4563 4930
Floating Point Single-core   2381 2479
Multi-Core   5543 5576
BlackScholes Single-core 10.7 Mnodes/sec 3088 3099
Multi-Core 21.0 Mnodes/sec 7585 7325
Mandelbrot Single-core 1.71 Gflops 2588 2242
Multi-Core 3.35 Gflops 6982 6281
Sharpen Filter Single-core 1.54 Gflops 2423 2277
Multi-Core 3.02 Gflops 5565 5102
Blur Filter Single-core 1.76 Gflops 2055 1820
Multi-Core 3.47 Gflops 5182 4818
SGEMM Single-core 3.61 Gflops 2356 2526
Multi-Core 6.93 Gflops 5238 5909
DGEMM Single-core 1.79 Gflops 2425 3069
Multi-Core 3.45 Gflops 5419 6073
SFFT Single-core 1.72 Gflops 1952 2287
Multi-Core 3.37 Gflops 3924 4610
DFFT Single-core 1.47 Gflops 2073 2269
Multi-Core 2.79 Gflops 4575 4698
N-Body Single-core 625.6 Kpairs/sec 2216 2518
Multi-Core 1.22 Mpairs/sec 5122 4952
Ray Trace Single-core 2.40 Mpixels/sec 2885 3010
Multi-Core 4.68 Mpixels/sec 6847 6685
Memory Single-core   1785 2341
Multi-Core   1999 2378
Stream Copy Single-core 5.12 GB/sec 1819 2262
Multi-Core 5.18 GB/sec 2067 2348
Stream Scale Single-core 2.89 GB/sec 1821 2400
Multi-Core 2.91 GB/sec 2034 2364
Stream Add Single-core 3.33 GB/sec 1750 2347
Multi-Core 3.31 GB/sec 1933 2368
Stream Triad Single-core 3.34 GB/sec 1753 2361
Multi-Core 3.28 GB/sec 1965 2436

iMacに搭載されているのは、初代Core iシリーズのNehalem世代です。
デスクトップ用は、Core i3が2コア、4スレッド、Core i5が4コア、4スレッド、Core i7が4コア版は8スレッドとなっています。
比較用に第2世代のSandy Bridge世代を搭載した、MacBook Pro 13インチ Early 2011のCore i5と比較してみました。
同じ2コア、4スレッドで、iMacは3GHz、MacBook Proが2.3GHzと大差があります。
しかしベンチマーク結果をみるとMacBook Proの勝利。(汗
CPUのパフォーマンスチューニングがSandy Bridge世代で進んでいるという事でしょうか。
ちなみにNehalem世代はこのiMacが初めてなので、この世代のCPUについて参考になります。

Unigine Heaven Benchmark 4.0

Model  iMac 21
Mid 2010
(MC508J/A)
MacBook Pro 13
Mid 2010
(MC375J/A)
OS OS X Yosemite 10.10
Settings Render OpenGL
Mode 1920x1080 fullscreen 1280x800 fullscreen
Preset Custom
Quality Medium
Tessellation Disabled
Benchmark
FPS 3.2 7.2 7.6
Score 82 182 193
Min FPS 2.2 3.3 4.4
Max FPS 6.9 21.9 12.2

Unigineというゲームエンジンで作られたベンチマークソフトです。
フル解像度、MacBook Proと同じ解像度で比較しています。
このベンチマークを動かしていて気になったのは特定のシーン、場所で極端に重くなる現象が発生していました。
これはドライバーの問題なのか、GPUの問題なのか・・・。この影響で同じ時期ののMacBook Pro 13インチ(チップセット内蔵GPU)に負ける結末に。

Unigine Valley Benchmark 1.0

Model iMac 21
Mid 2010
(MC508J/A)
MacBook Pro 13
Mid 2010
(MC375J/A)
OS OS X Yosemite 10.10
Settings Render OpenGL
Mode 1920x1080 fullscreen 1280x800 fullscreen
Preset Custom
Quality Medium
Tessellation Disabled
Benchmark
FPS 5.6 15.3 7.5
Score 234 642 315
Min FPS 3.8 8.4 5.3
Max FPS 11.7 23.0 12.2

こちらもHeaven Benchmarkと同じくUnigineのゲームエンジンで作られたベンチマークソフトです。
フル解像度、MacBook Proと同じ解像度で比較しています。
Heavenで発生していた処置落ちも発生せずその結果がベンチマーク値にも出ています。
多分、特定の描画がRadeon HD 4670には苦手なのかもしれません。

コメント

ロフト担当だったMacBook Pro 13インチから引き継いで、ロフト用Macになっています。
13インチと比較すると、21インチは大分余裕がありますね。

1998 - 2016 Atelier Nii all rights reserved.