Gateway FX6860-N78F/G

マシンの近状

2019年9月にFX6860比較用に入手しました。
USB 3.0がオンボードでない最初のモデルです。

Gateway FX6860-N78F/Gについて


クリックするとカタログPDFが表示されます。

2011年7月にGateway FXシリーズのGateway FX6850-H78F/Gの後継モデルとして登場しました。
FX6850と基本的なスペックはぴておかーどがGeForce GTX 480からGeForce GTX 570へ、USB 3.0対応が変更点です。
マザーボードが更新されています。

Gateway FX6840-N74F/GL、FX6850-H78F/Gと比較すると以下の通り。

  FX6840-N74F/GL FX6850-H78F/G FX6860-N78F/G
発売日 2010年8月 2011年3月 2011年7月
マザー Acer FX6840
H57H-AM2
Acer FX6850 Acer FX6860
(USB 3.0無し)
BIOS P01-A1 P01-A3 P01-A3
CPU Intel Corei7-870
Lynnfield
4コア 8スレッド
2.93GHz/L3 8MB
Intel Core i7-2600
Sandy Bridge
4コア 8スレッド
3.4GHz/L3 8MB
チップセット Intel H57 Express Intel H67 Express
RAM DDR3-1333MHz 4GB
最大16GB
DDR3-1333MHz 8GB
最大32GB
ビデオカード NVIDIA
GeForce GTX 470
GDDR5 1.28GB
NVIDIA
GeForce GTX 480
GDDR5 1.5GB
NVIDIA
GeForce GTX 570
GDDR5 1.28GB
UEFIビデオカードの動作 不明
PCI-Express PCI-Express 2.0
x16 1スロット(0)
X1 3スロット(1)
PCI 1スロット(1)
PCI-Express 2.0
x16 1スロット(0)
X1 3スロット(2)
PCI-Express 2.0
x16 1スロット(0)
X1 3スロット(1)
SATA SATA 2.0×6 SATA 3.0×2 (HDDベイ)
SATA 2.0×4 (スロット)
HDD 1TB 
光学ドライブ スーパーマルチ
USB USB2.0×10 USB3.0×2
(PCI-Exカード)
USB2.0×10
OS Windows 7
Home Premium 64bit

ビデオカードが旧モデルのGateway FX6850-H78F/Gで使われていたGeForce GTX 480からGeForce GTX 570に変わったこと、
USB 3.0が追加されたことが違いです。
Gateway FX6850のみ1ランク上だったのかは不明です。
USB 3.0は、マザーボード上ではなく、PCI-ExpressカードでUSB 3.0が追加されています。
マザーボード上にUSB 3.0を取り付けるスペースは用意されているのですが、何かしら問題があってPCI-Expressカードで提供されたのだと思われます。
次のモデルのFX6860-A76F/GでオンボードにUSB 3.0が追加されることとなります。

Gateway FX6860-N78F/Gの現在の仕様

項目 メーカー名 名称
マザー Acer FX6860 (P01-A3)
CPU Intel Core i7-2600
(3.4GHz/L3 8MB)
チップセット Intel H67 Express
RAM DDR3-1600 ※DDR3-1333動作 16GB (8GB×2)
Video NVIDIA (Palit) GeForce GTX 960 GDDR5 4GB
HDD Seagate ST2000DM008 (2TB/Boot)
光学ドライブ PLDS (PHILIPS & LITE-ON DIGITAL SOLUTIONS) DH-8B2SH (BD-RE)
電源 玄人志向 80PLUS STANDARD取得 ATX電源 600W
KRPW-L5-600W/80+
OS Microsoft Windows 10 Pro 64bit

太文字がノーマルでは無いところです。
ビデオカードは、標準で付いていたGeForce GTX 570 1.25GBからPalitのGeForce GTX 960 JetStream LoVA 4GBに交換しています。

電源は入手時に正常に動作していましたが、経験上壊れる確率が高く、
いつ壊れるか判らない物だったので最初から玄人志向の600Wに交換しました。

HDDも新品当時からのものだった様子ですが、やはり不良セクタが発生していたのでSeagateの2TB 7200rpmのHDDに交換しました。
Gateway FX6860世代はUEFIの一部対応だったため、SATAの起動ドライブも2TBまでという制限があります。
BIOS画面上で起動ドライブとして選択ができないのですよね。

メモリは2GBx4枚という構成だったので、8GBx2枚に交換しました。
Core i7-2600なので、DDR3-1333MHzまでしかサポートされていませんが、
価格の安いDDR3-1600MHzものを購入しています。
ちなみにSandy Bridge、Ivy Bridge世代はメモリが32GB最大なので1枚8GBが最大です。

光学ドライブは、BD-R対応ドライブに交換しています。
部品取りから移植したPHILIPS & LITE-ON DIGITAL SOLUTIONS (PLDS) のDH-8B2SHです。



HWiNFO64測定結果

本体BIOSはP01-A3です。USB 3.0オンボードがP02系、Ivy BridgelモデルがP03系となっています。

GPU-Z測定結果

GeForce GTX 960は2015年1月版、GM206は第2世代MaxwellアーキテクチャのGPUとなります。
FX6860-N78F/G搭載のオリジナルのGeForce GTX 570は、Keplerアーキテクチャの前世代のFermiアーキテクチャとなるため
アーキテクチャは2世代違うこととなります。
ミドルレンジのGPUになるため、メモリバスが128bitに制限されています。

オリジナルのビデオカードのGeForce GTX 570の測定結果は以下の通り。

Direct X11世代のFermiアーキテクチャの為、ドライバーサポートが2018年3月の391.35が最終版となっています。
FermiアーキテクチャとKeplerアーキテクチャは根底の設計思想が変更されている事も大きいと思います。

GeekBench Score

CPUの性能を測定する定番のベンチマークです。

  Model   FX6860-N78F/G FX6850-H78F/G
  CPU   Intel Core i7-2600 Intel Core i7-2600
GeekBench 5

(Intel Core i3-8100 = 1000)
Single-Core Performance Single-Core Score 776 749
Crypto Score 792 790
Integer Score 746 719
Floating Point Score 837 806
Multi-Core Performance Multi-Core Score 2976 2886
Crypto Score 3009 2913
Integer Score 2946 2847
Floating Point Score 3037 2966
GeekBench 4

(Intel Core i7-6600U = 4000)
Single-Core Performance Single-Core Score 3579 3488
Crypto Score 3006 2926
Integer Score 3731 3633
Floating Point Score 3277 3189
Memory Score 3834 3755
Multi-Core Performance Multi-Core Score 12056 11594
Crypto Score 9571 8666
Integer Score 15269 14767
Floating Point Score 12949 12372
Memory Score 4110 4021

同じCPU、同じチップセット、 同じメモリ規格、HDD内容も基本同じなのに何回も検証しても微妙にFX6860の方が上に。
どこかでパフォーマンスに影響与える改良された要素があるのかもしれません。

3DMark

ベンチマーク定番の3DMarkです。

    FX6860-N78F/G
    Intel Core i7-2600
    NVIDIA
GeForce GTX 960
GDDR5 4GB
NVIDIA
GeForce GTX 570
GDDR5 1.25GB
Time Spy Extreme
(DX12/4K)
Time Spy Extreme V1.0 スコア 1037 測定不能
グラフィックスのスコア 1012
CPUスコア 1210
Time Spy
(DX12)
Time Spy V1.0 スコア 2322 測定不能
グラフィックスのスコア 2225
CPUスコア 3095
Night Raid
(DX12)
Night Raid V1.0 スコア 15910 9709
グラフィックスのスコア 28675 12187
CPUスコア 4517 4512
Fire Strike Ultra
(DX11/4K)
Fire Strike Ultra V1.1 スコア 1641 測定不能
グラフィックスのスコア 1602
物理スコア 8754
総合スコア 806
Fire Strike
(DX11)
Fire Strike V1.1 スコア 6103 3781
グラフィックスのスコア 6973 4113
物理スコア 8755 8776
総合スコア 2555 1358
Sky Driver
(DX11)
Sky Driver V1.0 スコア 17222 11502
グラフィックスのスコア 22357 12356
物理スコア 8008 7993
総合スコア 17281 13378

GeForce GTX 960に交換して最大のメリットはVRAMが4GBあるという事でしょうか。
ミッドレンジモデルなので、パフォーマンス的には伸びていませんが、現状実用ではまだまだ現役と思います。
ただ本格的にゲームをするのであればGeForce GTX 980以上は必要ですね。

Unigine Superposition

Unigineが2017年に公開したベンチマークソフトです。

Model FX6860-N78F/G
CPU Intel Core i7-2600
GPU NVIDIA
GeForce GTX 960
GDDR5 4GB
NVIDIA
GeForce GTX 570
GDDR5 1.25GB
8K OPTIMIZED RESULT (VRAM 6241MB) 411 測定不能
4K OPTIMIZED RESULT (VRAM 4193MB) 2061 398
1080P EXTREME RESULT (VRAM 3322MB) 1123 799
1080P HIGHT RESULT (VRAM 3320MB) 3293 2044
1080P MEDIUM RESULT (VRAM 1299MB) 4484 3100
720P LOW RESULT (VRAM 643MB) 10095 8332

ベースのパフォーマンスもですが、VRAM用の差がはっきり出た感じです。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION Official Benchmark Ver 1.2

スクウェア・エニックスが2018年2月に動作確認用に公開したベンチマークソフトです。
GeForce GTX 960の場合。フルHD、標準で普通となっています。ゲームはできる感じでしょうか。

こちらオリジナルのGeForce GTX 570の場合。フルHD、標準で重い状態に。

Model FX6860-N78F/G
CPU Intel Core i7-2600
GPU NVIDIA
GeForce GTX 960
GDDR5 4GB
NVIDIA
GeForce GTX 570
GDDR5 1.25GB
高画質 1920x1080 フルスクリーン 2974 (やや重い) 995 (動作困難)
標準画質 1920x1080 フルスクリーン 3695 (普通) 2162 (重い)
軽量画質 1920x1080 フルスクリーン 5273 (快適) 3602 (普通)

GeForce GTX 570はベンチマーク中の表示がレンダリングできていなかったので実質的には利用不可と思われます。

コメント

FX6860が3台目。2台そろったので全世代制覇で入手しました。
Ivy BridgeのFX6860はビデオカード相性に難があるのでその意味ではSandy Bridge搭載モデルの方が良いのかもしれません。
まあ、現行のGatewayDX6785-H76J/GNR(Core i7-8700、NVIDIA GeForce RTX 2070)と比較すると雲泥の差がありそうですが。

1998 - 2019 Atelier Nii all rights reserved.