Gateway SX2995-H14F

マシンの近状

オークションで安く入手しました。Intel Core iシリーズ、第7(Kaby Lake)世代、DDR4のPCです。
ただCeleronはやはり動作が色々と重くて辛いので、Core i5-7600Kにアップデートしました。
メモリも即16GBにアップグレード済み。

Gateway SX2995-H14Fについて

2017年4月にGateway SXシリーズで、第7世代(Kaby Lake)のIntel Celeron G3930搭載の低価格スリムデスクトップモデルとして登場しました。
旧モデルの第6世代(Skylake)のSX2986シリーズからCPUが改良されたモデルとなります。

内部の様子です。
SX2986とSX2995ではマザーボードが違い、PCI-Express x 16がCPU寄りに変更され、2スロットGPUが使えるようになっています。

こちらはSX2986です。マザーボードが異なることが判ります。

先代のGateway SX2886と比較すると以下の通り。

  SX2986-N54F SX2995-H14F
発売日 2016年04月 2017年4月
マザー Acer (Gateway)
SX2986
Acer (Gateway)
SX2995
BIOS Version R01-A4 R02-A3
CPU Intel Core i5 6400
Skylake
4コア 4スレッド
2.7GHz/L3 6MB
Intel Celeron G3930
Kaby Lake
2コア 2スレッド
2.5GHz/L3 2MB
チップセット Intel H110 Express
RAM DDR3L-1600 8GB
最大16GB
DDR4-2133 4GB
最大32GB
ビデオカード Intel HD Graphics
530
Intel HD Graphics
610
PCI-Express PCI-Express 3.0
x16 1スロット(1)
X1 1スロット(1)

SATA SATA 3.0×2 (HDD、DVD)
M.2(Type 2280)未使用
HDD 1TB
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
USB USB 3.0 x 4
USB 2.0 x 2

Wi-Fi IEEE802.11abgn
OS Windows 10
Home 64bit

スペック上では、DDR4に変更されたのが大きな違いです。

Gateway SX2995-H14Fの現在の仕様

項目 メーカー名 名称
マザー Gateway (Acer) SX2995 (R02-A3)
CPU Intel Core i5-7600K (Kaby Lake)
(3.8GHz/4コア/4スレッド/L3 6MB)
チップセット Intel H110 Express
RAM DDR4-2133 (1066MHz) 16GB (4GB×4)
Video Intel HD Graphics 630(Core i5-7600K)
HDD WDC WD10EZEX (1TB)
光学ドライブ PLDS DH16AFSH(スーパーマルチ)
OS Microsoft Windows 10 Home 64bit

現在は、CPUをCore i5-7600Kに交換して、メモリ増設のみです。

HWiNFO64測定結果

CPUをCore i5-7600Kに交換した状態。

オリジナルCPU搭載の測定。

初Windows 10プリインストールPCです。
セキュアブートに対応している事が判ります。
メモリは、DDR4 1333MHz対応をいれていますが、Celeronは1066MHz止まりの様子。

GPU-Z測定結果

CPUをCore i5-7600Kに交換した状態。

オリジナルCPU搭載の測定。

共にDirect X12対応で、Celeronでも大分パフォーマンスアップしていますが、
あくまでIntelのCPU内蔵GPUというだけで、NVIDIA等のビデオカードと比較すると劣ります。

GeekBench Score

Model     SX2995-H14F SX2986-N58F
CPU Name Intel Core i5-7600K Intel Celeron G3930 Intel Core i5-6600K
Core / Thread 4 Cores, 4 Threads 2 Cores 2 Threads 4 Cores, 4 Threads
Base Frequency 3.8GHz 2.9GHz 3.5GHz
RAM Size 16GB 16GB 16GB
Type DDR4 SDRAM DDR4 SDRAM DDR3L SDRAM
Frequency 1200MHz 1066MHz 800MHz
GeekBench 5

(Intel Core i3-8100
= 1000)
Single-Core
Performance
Single-Core Score 1157 716 1053
Crypto Score 1528 1059 1378
Integer Score 1083 687 991
Floating Point Score 1255 721 1133
Multi-Core
Performance
Multi-Core Score 3807 1435 3389
Crypto Score 4568 2126 3889
Integer Score 3642 1406 3255
Floating Point Score 4037 1384 3597
GeekBench 4

(Intel Core i7-6600U = 4000)
Single-Core
Performance
Single-Core Score 5162 3558 4746
Crypto Score 5092 3538 4715
Integer Score 5322 3602 4870
Floating Point Score 5041 2946 4886
Memory Score 5002 4384 4566
Multi-Core
Performance
Multi-Core Score 15054 6010 13396
Crypto Score 14046 6966 12075
Integer Score 18081 6666 16138
Floating Point Score 17089 5652 16269
Memory Score 5446 4830 4746

Intel Core i5-6600Kを搭載したSX2986とオリジナルのCereronとの比較です。
Intel Core i5-7600Kは3.8GHz駆動という高クロックもあってスコア的には全て上回っています。

CINEBENCH

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
2019年にRelease 20が公開されました。

Model   SX2995-H14F SX2986-N58F
CPU Name Intel Core i5-7600K Intel Celeron G3930 Intel Core i5-6600K
Core / Thread 4 Cores, 4 Threads 2 Cores, 2 Threads 4 Cores, 4 Threads
Base Frequency 3.8GHz 2.9GHz 3.5GHz
Memory Size 16GB 16GB 16GB
Type DDR4 SDRAM DDR4 SDRAM DDR3L SDRAM
Frequency 1200MHz 1066MHz 800MHz
CINEBENCH R20 (2019年) CPU 1589 pts 486 pts 1434 pts
CINEBENCH R15 (2013年) CPU 638 cb 209 cb 577 cb
CINEBENCH R11.5 (2010年) CPU 6.92 pts 2.35 pts 5.81 pts
CINEBENCH R10 (2007年)
Single CPU 8552 CB 5600 CB 7894 CB
Multiple CPU 28887 CB 10679 CB 26065 CB
Multiprocessor Speedup 3.38 x 1.91 x 3.30 x

Intel Core i5-6600Kを搭載したSX2986とオリジナルのCereronとの比較です。
こちらもIntel Core i5-7600Kが一番高く、Cereronとのギャップも大きいです。

3DMark

ベンチマーク定番の3DMarkです。

モデル名   SX2995-H14F SX2986-N58F
CPU名   Intel Core i5-7600K Intel Celeron G3930 Intel Core i5-3570K
GPU名   Intel HD Graphics 630 Intel HD Graphics 610 Intel HD Graphics 530
Time Spy
(DX12)
Time Spy V1.0 スコア 421 測定失敗 343
グラフィックスのスコア 365 297
CPUスコア 3505 3110
Night Raid
(DX12)
Night Raid V1.0 スコア 5117 測定失敗 4543
グラフィックスのスコア 4979 4399
CPUスコア 6076 5586
Fire Strike
(DX11)
Fire Strike V1.1 スコア 1112 603 964
グラフィックスのスコア 1197 664 1024
物理スコア 8631 3257 7695
総合スコア 392 208 350
Sky Diver
(DX11)
Sky Diver V1.0 スコア 4732 2423 4218
グラフィックスのスコア 4381 2290 3904
物理スコア 8410 3662 7551
総合スコア 4487 2269 3984

Intel Core i5-6600Kを搭載したSX2986とオリジナルのCereronとの比較です。
Intel Celeron G3930のIntel HD Graphics 610は、Direct X12は対応していたのですが、ベンチマークで失敗するためDirect X11のみの検証です。
Intel HD Graphics 630とIntel HD Graphics 610のギャップの大きさが目立っています。

Unigine Superposition Score

Unigineが2017年に公開したベンチマークソフトです。

モデル名 SX2995-H14F SX2870-H12D
CPU名 Intel Core i5-7600K Intel Celeron G3930 Intel Core i5-3470
GPU名 Intel HD Graphics 630 Intel HD Graphics 610 Intel HD Graphics 2500
1080P EXTREME RESULT (VRAM 3322MB) 265 - 243
1080P HIGHT RESULT (VRAM 3320MB) 599 318 532
1080P MEDIUM RESULT (VRAM 1299MB) 829 441 741
720P LOW RESULT (VRAM 643MB) 2720 1666 2369

ベンチマークを動作させたところ、VRAMはMAX 8GBになっていてベンチマークは全て動作しそうですが、
Intel Celeron G3930は、GPUパフォーマンス的に1080P HIGH辺りが上限そうです。

コメント

Kaby Lake世代の興味本位で入手したPCとなります。
先々代のGateway SX2885から先代のGateway SX2986時にケース変更、Wi-Fi内蔵という大きな変更がありました。
ケースデザインに関してはAcerのまんまという状態ですが、カジュアルな感じになった感じでしょうか。
チップセットがIntel H110 Expressというローエンド向けチップセットというのが残念なところ。

1998 - 2019 Atelier Nii all rights reserved.