HTC Desire HD SoftBank 001HT

マシンの近状

いい端末だったのですが、OSアップデートが早々に終わってしまったこと。
SIM無になると端末にロックがかかる当時のSoftBankの仕様(フライトモードで回避は可能)があること、
auからHTC端末が発売された事から使わなくなり手放しいています。
ただ同然で安くなった時にコレクション用で再び。

HTC Desire HDについて

ソフトバンクがDesire(X06HT)、Desire(X06HTII)と続くHTCのAndroidスマートフォンの後継モデルです。
Desireシリーズは共に予約限定の販売でしたが、Desire HDは通常販売されました。
ただ販売台数が乏しかった為が、この後はAndroidは国産端末が主体となっていきました。
HTCがSoftBankで再び販売したのは、キャリア端末としてはほぼ最終モデルとなるHTC U11シリーズとなります。

HTC Desire HDの仕様

項目 メーカー名 名称
機種ID HTC SoftBank 001HT
SoC Qualcomm Snapdragon S2
MSM8255
CPU Qualcomm Scorpion 1GHz
(Single cores/L2 Cache 256KB)
RAM LPDDR 768MB
Video Qualcomm Adreno 205
ストレージ 内部ストレージ 1.5GB
通信規格 3G UMTS (W-CDMA)
900/2100MHz
2G GPRS/EDGE(GSM)
850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi   IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth   2.1+EDR
液晶 LCD 4.3インチ 480×800 (WVGA)
カメラ リア 8Mピクセル
バッテリー   1230mAh
OS Google 初期 : Android 2.2 (2010年10月)
最終 : Android 2.3.3 (2011年5月)

当時のHTC端末として問題だったのはストレージが小さい事です。
この為にOSがアップデートできず、モデルが短命になっています。海外版もAndoid 2.3.5で終了しています。
ハードウェアでは特にオーディオ周りはドルビーモバイル、SRSサラウンド対応で音質では当時定評がありました。

My Desire HDについて

バックより。
2010年当時、この質感が他のAndroid端末に無い良さでした。

カバーを開けた状態で、Galaxy Sと比較。
Desire HDは、サイドにバッテリーの挿入口、下側にSIMカードとSDカードの挿入場所があります。

フロント側より。
左からHTC Wildfire、HTC Desire HD、Galaxy S、iPhone 4です。

発売からおよそ10年後。
iPhone 12 Pro Maxで撮影したものだけど、画質が向上と感じる。
左からGalaxy S(SC-02B)、Desire HD(001HT)、iPhone 4。
Desire HDの液晶の大きさは当時は大型のスマホととらえられていました。今だとiPhone 12 miniと同サイズのミニサイズ相当ですが。

リアパネル側。
Desire HDは独特のグレー色ですが、メタルのあるリア、LED 2個のフラッシュライト、
8MPのカメラなどハードとしては一歩進んでいました。
まあオートフォーカスが遅いなどの問題はありましたが。(汗

箱。
至って普通なキャリアの梱包箱でした。

GeekBench Score

Model HTC Desire HD (001HT) Galaxy S (SC-02B) iPhone 4
CPU Name Qualcomm Scorpion
S5PC110 Apple A4
Base Frequency 1GHz 1GHz 800MHz
RAM Size   LPDDR 768MB Mobile DDR 512MB LPDDR 512MB
GeekBench 2 Geekbench Score 504 409 389
Performance Integer 428 430 295
Floating Point 600 246 373
Memory 588 796 628
Stream 270 133 298

当時の同時期に登場したGalaxy SとiPhone 4と比較するとiPhone 4には上回っていて、
Galaxy Sには浮動小数点、ストリーミングで大幅に上回っていた事が判ります。

写真撮影サンプル

写真をクリックすると原寸で表示します。

横浜みなとみらい

横浜中華街

来島海峡大橋

今治城

平等院鳳凰堂

法隆寺の五重塔

来島海峡大橋(2021年撮影)

今治城(2021年撮影)

Desire HDのカメラはデフォルトは青みが強い印象です。

コメント

Desire HDは正直一部コアファンのみの端末だったと思います。
一つは当時(今も変わっていませんが)のソフトバンクはiPhone中心という感じで、Androidはとりあえず出している感じでした。
また端末自体もOSのサポート期間が短かったのが大きいと思われます。
iPhone 4が2013年登場のiOS 7までトータル4年間、最新のOSがサポートされたのに対して、
Desire HDは発売して約半年後のAndroid 2.3.3で終了してしまっている事です。
せめて翌年のAndroid 4.0に対応できれば後々の評価も変わっていたのではと思われます。

1998 - 2021 Atelier Nii all rights reserved.