Sony Mobile Xperia arc docomo SO-01C

マシンの近状

docomo回線をiPhone 4で使用する様になって使わなくなったのと、
公式でAndroid 4.0に対応しなくなったため引退。
Xperia feat. HATSUNE MIKUに交代しました。

Xperia arcについて

先代のXPERIA(SO-01B)の後継モデルと登場したモデルです。
arcデザインと弓なりになったデザインが特徴です。
このモデルをベースにガラスマ化した「XPERIA acro」が登場して、国内ではマイナー路線に。
XPERIAシリーズに言える事なのですが、ハードウェアが韓国や台湾メーカーと比較して半周(半年)遅れである事。
この時、他のグローバルメーカーは、内部ストレージを4〜16GBに増量していたのにXPERIA arcは、1GB。
またデュアルコアが登場しだしたのにまだシングルコアと出遅れ感が大きいです。
結果的にこの半周遅れがOSアップデートの見送りの理由となってしまうのですが。2年持つハードウェア設計にしてほしい所です。
日本メーカー(Sony Mobileは正確にはイギリス企業)で、唯一グローバルで勝負出来る
(Androidスマホメーカーとして認知されている)メーカーなので頑張ってほしい所です。

Xperia arcの仕様

項目 メーカー名 名称
機種ID docomo SO-01C
SoC Qualcomm Snapdragon S2 MSM8255
CPU Qualcomm Scorpion 1GHz
(Single core/L2 Cache 256KB)
RAM LPDDR2 512MB
Video Qualcomm Adreno 205
ストレージ 内部ストレージ 1GB
通信規格 3G UMTS (FOMA/W-CDMA)
2G GPRS/EDGE(GSM)
Wi-Fi   IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth   2.1 + EDR
液晶 TFT液晶 480×854
カメラ リア 8.1Mピクセル
バッテリー   1500mAh
OS Google 初期 : Android 2.3.2
最終 : Android 2.3.4
カスタム : Android 4.0.4 (XPERIA arc S LT18i 用ROM)

上の内容は、XPERIA arc S(LT18i)用のAndroid 4.0.4での情報です。

My Xperia Arcについて

東日本大震災の騒ぎが落ち着いていない3月24日の発売日に入手しました。
左はGalaxy Sです。HTCのガジェットを追加していました。

10年後の2021年に並べてみました。

背面から。
Xperia Arcのデザインは当時としては良く出来たデザインと思います。

GeekBench Score

Model   Xperia arc
(SO-01C)
HTC Desire HD
(001HT)
Galaxy S
(SC-02B)
CPU Name Qualcomm
Scorpion
Qualcomm
Scorpion
S5PC110
Base Frequency 1GHz 1GHz 1GHz
RAM Type / Size LPDDR2 512MB LPDDR2 768MB Mobile DDR 512MB
OS   Android 2.3.4 Android 2.3.3 Android 2.3
GeekBench 2
Single-Core Score 545 504 409
Processor integer performance 462 428 430
Processor floating point performance 603 600 246
Memory performance 709 588 796
Memory bandwidth performance 310 270 133

Desire HDと同じSoCであるSnapdragon S2 MSM8255を搭載している事もあり、パフォーマンス的にはDesire HDと大きく変わりません。

写真撮影サンプル

写真をクリックすると原寸で表示します。

横浜みなとみらい地区

横浜中華街

来島海峡大橋(2021年撮影)

今治城(2021年撮影)

コメント

ストレージ容量の問題が無ければ、良い端末だったのですけどね。
ストレージサイズが小さかった事が結果的に製品寿命を縮めてしまいました。

1998 - 2021 Atelier Nii all rights reserved.