Apple iPhone 3GS MC132J/A

マシンの近状

初代3GSはSoftBankの発売日前日からイベントに参加して発売日当日に32GB版を入手。
手放していたのですが入手が困難になりつつあるのでコレクション用に今度は16GBを手に入れました。。

iPhone 3GSについて

iPhone 3Gは初代iPhone(2G規格専用)の3G規格対応版という感じでしたが、
iPhone 3GSは見た目そのままで中身が大幅に手が入ったモデルでした。
動作クロックアップ(412MHzから600MHzへ)とメモリの倍増(128MBから256MBへ)がパフォーマンスアップとして効果が出ました。
デザインを変更したモデルで番号を上げ、パフォーマンス改善はS世代へはこのモデルがスタートとなります。

iPhone 3GSの仕様

項目 メーカー名 名称
製品ID Apple MC132J/A (A1303) : White 16GB
機種ID Apple iPhone2,1
SoC Samsung APL0298C05 (S5PC100)
CPU Samsung ARM Cortex-A8(ARMv7-A) 600MHz
(Single core/L2 256KB)
RAM Mobile DDR-SDRAM 256MB
Video Imagination Technologies PowerVR SGX 535
(1 core/200MHz)
ストレージ 内部ストレージ MC132J/A : 16GB
通信規格 3G UMTS/HSDPA(W-CDMA)
(850、1900、2100 MHz)
2G GSM/EDGE
(850、900、1800、1900 MHz)
Wi-Fi   Wi-Fi 802.11b/g
Bluetooth   2.1+EDR
ディスプレイ   3.5インチ
  • 480×320ピクセル 解像度163ppi
カメラ リア 3Mピクセル オートフォーカス付
バッテリー 内蔵充電式
リチウムイオンポリマー 1219 mAh
OS Apple 初期 : iPhone OS (iOS) 2.0
最終 : iOS 6.1.6

iOSのサポートは、iOS 3.0から始まって、iOS 6.1.6が最終となります。
2009年~2013年ですので約4年ですね。
対象外になった時に登場したのは64bit CPUを搭載したiPhone 5sですので、世代的に大分古くなったと言えます。

My iPhone 3GSについて


iPhone 3Gと比較すると少し小さくなっています。

箱と本体フロント側
ホーム画面に壁紙が晴れるようになるのは、iOS 4からとなります。
初代iPhoneはiOS 4は非対応、iPhone 3Gはパフォーマンス的な問題からホーム画面の壁紙は非サポートでした。

左から初代iPhone、iPhone3G、iPhone 3GSです。
iPhone 3GSはiOS 6世代ですので大分印象が異なります。

背面より
iPhone 3GとiPhone 3GSは再び中古で手に入れた本体ですので痛みが…。
写真でもわかる通り、iPhone 3GとiPhone 3GSは同じホワイトでも色が少し異なります。

 

iPhone 3GSは2009年6月26日の発売日にソフトバンクショップ表参道で購入しました。
その時、イベントの様子を。20時過ぎに並んでチケットを貰いました。
写真は全てiPhone 3Gで撮影したものです。

昨年の大騒ぎもあったし、一旦列から離れれるかなと思ったら大間違い。
会場へ誘導されて、前夜祭の深夜イベントへ…。寝れない…。

深夜ステージイベントが続き、0時前に孫社長が登場。

0時ジャストです。

配られた朝食。

並んで。

無事ゲットです。発売日翌日にとって写真です。
左から初代iPhone、iPhone3G、iPhone 3GSです。
当時はまだiOS 3です。違いもスピードぐらいという感じでした。

背面より、初代iPhone 3GSは32GBモデルでした。
当時は綺麗だった…。


 

GeekBench Score

Model     iPhone 3GS iPhone 3G
CPU Name   Samsung
APL0298C05
Samsung
S3C6400
  Base Frequency   600Mhz 412MHz
RAM Size   256MB 128MB
  Type   Mobile DDR eDRAM
GeekBench 2 Geekbench Score   286 140
Performance Integer 224 116
Floating Point 280 198
Memory 437 115
Stream 224 71

iPhone 3GSでクロックアップやメモリの効果が大きく、iPhone 3Gと比較してスコアが大幅に向上しています。

Linpack Benchmark

    iPhone 3GS iPhone 3G
Single thread Mode
(Problem size = 500,Number of runs =10)
Max 18.97 Mflop/s 20.5 Mflop/s
Avg 18.25 Mflop/s 20.10 Mflop/s

スーパーコンピューターのTOP500で利用されるLINPACの計算を実施したアプリです。
iPhone 3G版のプログラムは古い為、この影響でレートが高いのかもしれません。

写真撮影サンプル

写真をクリックすると原寸で表示します。

iPhone 3GSでは2Mピクセルから、3Mピクセルに解像度アップ。
オートフォーカスが追加されました。
ただまだデジカメの代わりには程遠い状態でした。

来島海峡大橋

今治城

コメント

iOS 7以降でUIが現在に共通するシンプルなアイコンデザインになっている事から、iOS6止まりのiPhone 3GSは今動かすと古いハードだなと感じさせます。
iPhoneがiOS 1.0から始まりiOS3世代で最終、iPhone 3GがiOS2.0から始まりiOS4世代で最終とメジャーアップデート2回止まりに対して、
iPhone 3GSはiOS 3.0から始まりiOS6世代で最終となりメジャーアップデート3回実施とロングライフ化が進みました。
現在2021年現在の2015年に販売されたiPhone 6sが最新OSをサポートするように超ロングライフ化に比較するとまだまだ短いですが。

1998 - 2021 Atelier Nii all rights reserved.