Apple iPhone 5 ME044J/A, MD297J/A

マシンの近状

発売日当時に購入したau(64GB White)、SoftBank(16GB Black)のモデルは、iPhone 5sに機種変更した後に手放しました。
auの16GBモデルはMNP一括0円で入手したと記憶しています。
一度は手元からなくなっていましたが、コレクションとして安いau端末(16GB White)とソフトバンク端末(16GB Black)を再び入手しました。

iPhone 5について

先代のiPhone 4Sから引き続き、auとSoftBankから発売される事になりました。
iPhone 5自体は、Apple A6搭載、液晶サイズが4インチに、LTE対応が大きなトピックです。
ただLTEは利用バンドが異なるなどから、au用とSoftBank用は異なるハードに。
また充電、通信用コネクタが従来のDockコネクタからLightningコネクタに変わりました。
認証チップが搭載されているので安いアフター品がなかなか出なかった記憶が…。
auからテザリング対応が発表された為に対抗処置としてソフトバンクもテザリング対応発表。
ソフトバンクの携帯相手であれば24時間定額のオプションも1月から開始されました。

iPhone 5の仕様

項目 メーカー名 名称
製品ID Apple ME044J/A (A1429) : White 64GB (au)
ME040J/A (A1429) : White 16GB (au)
MD297J/A (A1429) : Black 16GB (SoftBank)
機種ID Apple iPhone5,2
SoC Apple A6
CPU Apple ARM v7s 1.3GHz
(Dual cores/L2 Cache 1MB)
RAM LPDDR2 1066MHz  1GB
Video Imagination Technologies PowerVR SGX543MP3
(3 cores/266MHz)
ストレージ 内部ストレージ ME040J/A、MD297J/A : 16GB
ME044J/A : 64GB
通信規格 4G (au/CDMAモデル) LTE
(バンド1、3、5、13、25)
4G (SoftBank/GSMモデル) LTE
(バンド1、3、5)
3G (au/CDMAモデルのみ) CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B
(800、1,900、2,100MHz)
3G UMTS(W-CDMA) /HSPA+/DC-HSDPA
(850、900、1,900、2,100MHz)
2G GSM/EDGE
(850,900,1800,1900MHz)
Wi-Fi   Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz/5GHz
Bluetooth   4.0+HS
ディスプレイ   4インチ
1,136 x 640ピクセル、解像度326ppi
Retinaディスプレイ
カメラ リア 8Mピクセル
フロント 1.2Mピクセル
バッテリー 内蔵充電式
リチウムイオンポリマー 1434mA
OS Apple 初期 : iOS 6.0 (2012年9月)
最終 : iOS 10.3.4 (2016年8月)

LTE開始時の端末であったことから、LTEの対応バンドの問題でauはiPhone 5専用のエリアとなっていました。
SoftBankも同様で、対応バンドが限定されたことから、次のモデルのiPhone 5sと比較しても限定的なエリアでした。
OSサポート期間はメインストリームは約5年、セキュリティ対応は7年弱でした。 (2012年9月~2016年8月)

My iPhoneについて

2021年現在。
箱です。箱自体がボディ色で色が違っていました。

フロントパネルより。
OSは共にiOS 10.3.4です。

リアパネルより。
基本的にはiPhone SEまでほぼ同じデザインでした。

以下は、購入当時の写真です。

iPhone 4Sと比較して。
どちらが好みかは意見が分かれるでしょうね。
個人的には、全体が黒くなったiPhone 5の方が良いかなと思っています。

auのiPhone 5と機種変更前のiPhone 4S、docomoで使っているiPhone 4のホワイト3台比較。

全面より、iPhone 4Sと。ソフトバンク版は共に16GBの黒です。
よく見るとバージョンの部分でiPhone 5が2ビルド程進んでいる事が判ります。

同じく白3台。

 

GeekBench Score

Model     iPhone 5 iPhone 4S
CPU Name Apple A6
Apple A5
Core / Thread 2 Cores 2 Cores
Base Frequency 1.3GHz 800MHz
RAM Size 1GB 512MB
Type LPDDR2-1066 LPDDR2-800
GeekBench 4

(Intel Core i7-6600U = 4000)
Single-Core
Performance
Single-Core Score 758 288
Crypto Score 35 11
Integer Score 754 341
Floating Point Score 469 170
Memory Score 1380 405
Multi-Core
Performance
Multi-Core Score 1252 395
Crypto Score 74 22
Integer Score 1417 530
Floating Point Score 900 220
Memory Score 1702 445
GeekBench 3
Single-Core
Performance
Single-Core Score 701 216
Integer Score 737 281
Floating Point Score 576 183
Memory Score 883 154
Multi-Core
Performance
Multi-Core Score 1268 407
Integer Score 1438 548
Floating Point Score 1135 384
Memory Score 1193 212

前世代のiPhone 5と比較になります。GeekBench 5はiOS 11以上が必須(64bit専用)の為iPhone 5では測定できません。
GeekBench 4で比較するとメモリ以外は大きくパフォーマンスアップしていました。

Linpack Benchmark

    iPhone 5 iPhone 4S
Multi thread Mode
(Problem size = 2000,Number of runs =10)
Max 683.55 Mflop/s 131.93 Mflop/s
Avg 668.40 Mflop/s 120.87 Mflop/s
Single thread Mode
(Problem size = 2000,Number of runs =10)
Max 396.25 Mflop/s 66.09 Mflop/s
Avg 390.76 Mflop/s 66.78 Mflop/s

スーパーコンピューターのTOP500で利用されるLINPACの計算を実施したアプリです。
Problem Sizeが標準の500だと最新世代だと処理が軽すぎる為、2000に変更して10回繰り返しで測定しています。

GFX Bench

      iPhone 5 iPhone 4S
高レベルテスト ティラノサウルス レックス
オンスクリーン 749.007 Frames 333 Frames
オフスクリーン(1080p) 380.723 Frames 155 Frames
低レベルテスト 算術論理演算 オンスクリーン 378.427 Frames 192.061 Frames
オフスクリーン(1080p) 270.638 Frames 113.759 Frames
アルファブレンド オンスクリーン 4430.24 MB/s 2600.5 MB/s
オフスクリーン(1080p) 4915.48 MB/s 2558.31 MB/s
ドライブオーバーヘッド オンスクリーン 1342.84 Frames 661.603 Frames
オフスクリーン(1080p) 2717.37 Frames 1306.78 Frames
Fill オンスクリーン 1033 MTexels/s 519 MTexels/s
オフスクリーン(1080p) 1254 MTexels/s 517 MTexels/s

最新のGFX Bench Metalは非対応の為、GFX Bench Open GL 3.1でテストを実施しています。
OpenGL系のレンダリングのテストがメインで、Open GL ES 2.0世代でのベンチマークとなります。
iPhone 5は、おおよそiPhone 4Sの約2倍のフレームレートの向上をしています。

3DMark - The Gamer's Benchmark

    iPhone 5 iPhone 4S
Ice Storm Unlimited Score 5355 2184
Graphics score 5245 2135
Physics score 5784 2377

Windows用ゲーマーベンチマークで有名な3DMarkです。
この世代のiPhoneではIce Storm系のみとなります。
こちらもiPhone 4Sの2倍以上のスコアをiPhone 5が出しています。

写真撮影サンプル

写真をクリックすると原寸で表示します。

iPhone 5はレンズは3.85 mmサイズのf/2.4で基本性能は変わっていません。
Apple A6による処理速度向上による品質向上が中心になっています。

来島海峡大橋

今治城

横浜みなとみらい地区

東京駅(夜景)


コメント

iPhone 5はLTEの初対応とLightningコネクタの初対応と今のiPhoneの標準的な機能が初搭載されました。
ボディサイズは2020年に登場したiPhone 12 miniと比較しても一回り小さい。
この当時(2012年)は普通だったのが8年ほどで変わったなぁと思います。

1998 - 2021 Atelier Nii all rights reserved.