Apple MacBook Air M1 2020

マシンの近状

このMacBook Airは仕事の関係で付き合いのある会社さんから開発用に提供して頂きました。
Appleシリコン M1、16GBのメモリ、1TBのSSDと20万円弱のモデルです。結構いい値段…。
アプリ開発用に環境構築しましたが、iOSはともかくAndroidはエミュレーターに問題が…。
従来のMac Book Pro 13の環境を引き継いでメインMacの立場です。

MacBook Airについて

2020年にARMベースのAppleシリコン(Apple M1)搭載の初のモデルとしてMacBook Pro 13、Mac miniと共に発売されました。

MacBook Airの現在の仕様

項目 メーカー名 名称
機種ID   Mac Book Air 10,1
CPU Apple  M1
高性能コア : Firestorm 3.2GHz (ARMv8.4-A/L2 12MB/4 cores)
高効率コア : Icestorm 2.0GHz (ARMv8.4-A/L2 4MB/4 cores)
RAM LPDDR4X 16GB
Video Apple M1
液晶   13.3インチ Retinaディスプレイ
2,560 x 1,600ピクセル 227ppi
HDD SSD 1TB
OS Apple macOS Big Sur 11.3.1

メモリを16GBへSSDを1TBに増やしています。

このMacについて

GeekBench Score

Model     MacBook Air
Late 2020
Apple iMac Retina 5K
Late 2014
CPU Name Apple M1
Intel Core i7-4790K
Core / Thread 8 Cores 4 Cores, 8 Threads
Base Frequency 3.2GHz 4.0GHz
RAM Size 16GB 16GB
Type LPDDR4X-4266 DDR3
GPU Device Name Apple M1 GPU AMD Radeon R9 M295X
Benchmark Mode   M1 Intel(Rosetta 2) -
GeekBench 5

(Intel Core i3-8100
= 1000)
Single-Core
Performance
Single-Core Score 1720 1337 1068
Crypto Score 2687 1707 1356
Integer Score 1564 1248 983
Floating Point Score 1896 1469 1204
Multi-Core
Performance
Multi-Core Score 7694 5894 3982
Crypto Score 10123 8019 3834
Integer Score 7078 5480 3804
Floating Point Score 8625 6437 4391
Compute Metal Score 20181 - 31904
Open CL Score 18056 - 27702

iMac 5Kと比較してみました。
第4世代Intel Core i7レベルだとCPUはコアレベルで Rosetta 2に勝てていないですね。
パフォーマンス的には十分あるという感じでしょうか。

GFX Bench

      MacBook Air
Late 2020
iPhone 12 Pro Max
高レベルテスト Aztec (High Tier) オンスクリーン 3863.72 Frames 1043.86 Frames
オフスクリーン(1440p) 5232.06 Frames 938.321 Frames
Aztec (Normal Tier)
オンスクリーン 3870.17 Frames 1683.43 Frames
オフスクリーン(1080p) 13936.20 Frames 2636.14 Frames
Car Chase オンスクリーン 3547.48 Frames 1195.16 Frames
オフスクリーン(1080p) 10262.40 Frames 1991.34 Frames
マンハッタン 3.1 オンスクリーン 3722.78 Frames 2042.33 Frames
オフスクリーン(1440p) 7337.57 Frames 1605.06 Frames
オフスクリーン(1080p) 16234.10 Frames 3236.67 Frames
マンハッタン 3.0 オンスクリーン 3726.42 Frames 2997.26 Frames
オフスクリーン(1080p) 24772.80 Frames 4668.24 Frames
ティラノサウルス レックス
オンスクリーン 3364.36 Frames 3353.74 Frames
オフスクリーン(1080p) 35975.50 Frames 7747.37 Frames
低レベルテスト 算術論理演算 2
オンスクリーン 1824.87 Frames 1788.05 Frames
オフスクリーン(1080p) 18001.40 Frames 7267.98 Frames
ドライブオーバーヘッド 2
オンスクリーン 1804.71 Frames 1795.55 Frames
オフスクリーン(1080p) 15991.40 Frames 9953.34 Frames
Fill 2 オンスクリーン 71160 MTexels/s 11255 MTexels/s
オフスクリーン(1080p) 70899 MTexels/s 13131 MTexels/s

GFX Benchは、Intel Mac側で起動できなかったのでiPhone 12 Pro Maxと比較です。
同じAppleシリコンですが、結構パフォーマンス差が出ています。

3DMark - The Gamer's Benchmark

    MacBook Air
Late 2020
iPhone 12 Pro Max
Wild Life Extreme Unlimited Score 4954 862
Avarage frame rate 29.7 FPS 5.2 FPS
Wild Life Unlimited Score 18108 3909
Avarage frame rate 108.4 FPS 23.4 FPS
Sling Shot Extreme Unlimited Score 14171 4386
Graphics score 27417 5447
Physics score 5265 2807

Windows用ゲーマーベンチマークで有名な3DMarkです。
Mac用はリリースされていないので、iOS用のWild Lifeと、Sling ShotをiPhone 12 Pro Maxと比較してみました。
スマホとPCのグラフィックスペックの違いを感じますね。

コメント

Motorola 68KからPower PC、次にIntel x86で今回Apple シリコンとなりました。
やっとAppleがコントロールできるプロセッサを手に入れたという形でしょうか。
ベンチマークでiPhoneのパフォーマンスが良いなと思っていましたが、PCでも十分使えることを実感しました。
ただ現在のMacBook Air、MacBook Pro M1はUSBポートが少なすぎるのが難点ですね。

1998 - 2021 Atelier Nii all rights reserved.