富士通 FMV-DESKPOWER S(FMV-5100D5) (1995年11月)

マシンの近状

入手時期は不明…。電源が入らない本体でしたが、電源交換して復活。
HDD、CDドライブも死亡していました。
マザーが生きていたのはある意味奇跡かも。
SDカードのIDE変換アダプタに交換して、Windows 2000をインストールして動かせる状態となりました。

富士通 FMV-DESKPOWER S(FMV-5100D5)について

富士通が低価格で色々なプリインストールソフトをいれたパソコンシリーズです。
この世代のモデルはWindows 95の登場で爆発的に売れたモデルです。
ただこの世代はALiチップセット搭載+Acer OEMマザーという事もあって改造する方には癖のあるモデルだった事で有名です。

FMV-DESKPOWER H(FMV-575D4)と比較すると以下の通り。

  FMV-DESKPOWER H
FMV-575D4
FMV-DESKPOWER S
FMV-5100D5
発売日 1995年3月 1995年11月
CPU Intel Pentium 75MHz
P54C
Intel Pentium 100MHz
P54C

チップセット ALI Aladdin 2 (M1511+M1512)
RAM FPM DRAM 8MB
最大 128MB
EDO DRAM 8MB
最大 128MB
ビデオカード Cirrus Logic CL-GD5434
(オンボード)
2MB
ATI Mash64 CT
(オンボード)
2MB
PCI/ISA PCI 1スロット(1)
PC/ISA 1スロット(1)
ISA 2スロット(1)
PCI 1スロット(1)
PC/ISA 1スロット(1)
ISA 2スロット(1)
HDD 540MB 1GB
光学ドライブ CD-ROMドライブ
USB 無し
電源 AT電源 ATX電源
OS Windows 3.1 Windows 95

D4時代とD5時代はスペックは似ていますが、マザーボードはモデムカードがメインボード横に取り付けられているのと、
ビデオチップがCirrus LogicからATI Mash64に変更されたのが違いです。
Windows 95時代に合わせたハードウェア変更という感じでしょうか。

富士通 FMV-DESKPOWER S(FMV-5100D5)の現在の仕様

CPU Intel MMX-Pentium OVERDRIVE Processor
(166MHz、FSB 66MHz)
CPU キャッシュ FPM 256KB
マザーボード Acer V50LA
チップセット ALi Aladdin 2 (M1511+M1512)
メモリ EDO SIMM 128MB (32MB x 4)
ビデオ ATI Mash64 CT 2MB (オンボード PCI接続)
サウンド Creative Sound Blaster 16 (ISA)
USB 不明 2Port USB PCIカード
HDD DiyStudio SD to IDE SD 8GB
光学ドライブ MITSUMI CD-ROM FV120T
OS Microsoft Windows 2000 SP4

インストール可能な最終OSであるWindows 2000をインストール。さすがに古さを感じますね。
CPU MMX-Pentium OVERDRIVE Processorに交換しましたが、166MHzなので大きな効果は無し。
ちなみに入手時からPentium 133MHzだったので、ジャンバー設定オーバークロックの可能性があります。

HDDは、SDカードをIDEデバイスとして認識させる基盤を使いました。
SDカードは、IDEの認識上限である8GBを取り付けています。
カード自体は、元々のHDD取付スペースだと高さが足りないので、増設用HDDスペースに取り付けています。


HWiNFO64測定結果

古いハードで実行するとするとほとんど情報が出ませんw

コメント

この世代のFMVはWindiows 95登場時に売れたモデルという事もあり、いろいろと改造して延命していた方が多かった様子です。
特にAcer製マザーボード、Acer子会社のALiチップセットというのは癖があった様子で、悩まされた方も多かった様子です。

1998 - 2019 Atelier Nii all rights reserved.