Gateway2000 G6-266


マシンの近状

2000年代に中古で入手したPCです。
10年以上経過して初めて電源投入。HDDはダメでしたがそれ以外は無事動作しました。
HDDが8GBまでなので、SD-IDE変換の基盤投入。
メモリ増設して、Windows XPを入れてみました。

Gateway2000 G6-266について

1997年にPentium IIリリース時に発売されたモデルです。
通常は下のミニタワーですが、旧来のATXケースも選択出来て所有しているのはATX(NEW TOWER)ケースとなります。

しかし、当時のGateway ミニタワーケースは、日本基準だとフルタワーケースですね。

Gateway2000 G6-266の現在の仕様

CPU Intel Pentium II 300MHz
FSB 66MHz
チップセット Intel 440FX PCI Set
メモリ EDO RAM 128MB
ビデオカード NVIDIA (Creative) Graphic Blaster RIVA TNT 16MB (PCI)
サウンドカード Creative Sound Blaster AWE 64 Gold
LANカード 3Com 3C905-TX EtherLink 10/100
USBカード 玄人志向 USB2.0V-P4-PCI
SCSIカード Adaptec AHA-1510 SCSI (ISA)
HDD DiyStudio SD to IDE SD 16GB
光学ドライブ 日立LG GSA-4040B
OS Microsoft Windows XP Professional SP3

入手時からパーツ類は変更されていました。
CPUはPentium II 266MHzから300MHzヘ。
ビデオカードは、S3 ViRGE GXから、NVIDIA RIVA TNTヘ。
サウンドカードは、Sound Blaster 16からSound Blaster AWE 64 Goldヘ。
LANカードとSCSIカードも過去のオーナーが取り付けたものと思われます。
こちらでは、メモリを最大サイズの128MBへ、USB 2.0カードを追加、HDDをSDカード利用タイプに、
光学ドライブをDVDスーパーマルチに。(中古のドライブがこれしかなかった…)
OSをインストールできる限界のWindows XPにしました。

ケース外観から
今のケースと比較すると手に長い事が判ります。

内部の様子。
マザーボードは現在の通常のATXマザーです。
近年のメーカーPCだと大きくてもマイクロATXサイズが一般的なので今となったら大型マザーです。

現行のGatewayのデスクトップモデルは2スロット分しかない小型のATXなので、この時代が懐かしい物です。
参考までに下はGateway DX6785の内部。大体同じサイズにしたのでサイズの違いがよく判るはず。

マザーボードです。
スロット型のPentium IIとEDO RAMとATAケーブルが時代を感じさせます。
そして今の時代は無き、32bit PCIとISAスロット。

CPU部分を。
この当時のCPUはケースからのファンで冷却できるほどでした。
ちなみにマザーボードのシールを見ると1997年4月24日という事が判ります。

スロット部分を。
上から
・PCIビデオカード(Graphic Blaster RIVA TNT)
・PCI空き
・PCI LANカード(3Com)
・PCI USBカード(玄人志向)、ISA兼用スロット
・ISA SCSIカード(Adaptec AHA-1510)
・ISA サウンドカード(Sound Blaster AWE 64 Gold)
となっています。

電源部分。
200W電源です。当時の一番消費電力が大きいのはCPUでした。
ちなみに上は3.5インチベイです。


HWiNFO32測定結果

CPUがIntel Pentium II 300MHz、Klamath世代なのでPentium II時代で一番消費電力が激しかったモデルです。
マザーボードは、Intel製PD440FXです。
GatewayはATXを採用した時代からAcerに買収されるまでの15年ほどIntel製マザーを積極的に採用していた様子ですね。
AGP搭載前の440FXなので、Windows XPはとりあえず動く程度となります。

GPU-Z測定結果

CreativeのGraphic Blaster RIVA TNTですね。
サウンドカードのSound Blasterでデファクトスタンダードの地位を築いていたCreativeは、
当時はハイエンドの3D Blasterとミドル以下のGraphic Blasterでビデオカード分野でも力を入れていました。

GeekBench Score

CPUの性能を測定する定番のベンチマークです。

Model   G6-266 FX7028j
CPU Name Intel Pentium II Intel Core 2 Quad Q9450
Base Frequency 300MHz 2.66GHz
FSB   66MHz 1333MHz
チップセット   Intel 440FX PCI Intel G33 Express
Memory Size 128MB 3GB
Type EDO RAM DDR2 SDRAM
GeekBench 2 GeekBench Score 130 4443
Integer Score 191 6151
Floating Point Score 163 5039
Memory Score 30 1790
Stream Score 37 1765

13年後2008年のGateway FX7028jとの比較ですが別世界ですね。

コメント

Intel 440FX時代なので、長く続いたAGP搭載のIntel 440BXと比較すると、
メモリ規格がEDO RAMだったり、AGPがない等、Windows 95、98世代だなと感じます。

1998 - 2019 Atelier Nii all rights reserved.