Gateway FX4710-JB002A (2008年7月発売)

マシンの近状

2019年9月に箱付きワンオーナーという事で入手してしました。(汗
11年前のCore 2 Quad世代だと流石に時代を感じます。

Gateway FX4710-JB002Aについて

2008年7月にGateway FXシリーズのGateway FX7028jの後継モデルとして登場しました。
Gateway GTシリーズベースのゲーミングモデルとなります。
ケースは当初はFXシリーズ専用で翌年2月に同ケースの色違いでLXシリーズが登場しました。
FX7028jは2008年3月なので4ヶ月で大幅なデザイン変更となります。

なお、FX7028jはWindows Vista搭載時に新登場したATXケースです。
2007年にGatewayをAcerが買収したことに伴い、Gateway FX4710からは色々と変化が現れました。
まず命名ルールがAcerと同じとなり、ケース、マザーもIntel系以外に変更されたのもこのモデルからです。
ただこのケースは、ビデオカードのサイズに制限があったり、HDDの取り付けに難がありFXシリーズはこのモデルのみとなりました。

Gateway FX4710ま内部はこのような状態。
ビデオカードとHDDがノーマルでギリギリです。
ちなみに大型のビデオカードはケースに当たるためショートタイプしか取り付けできません。

問題なのはHDDの取り付け方法。
ノーマルの位置だと現在の2スロット占有型だとHDDが邪魔になります。

Gateway FX7028jの内部。
長さ的な制限は大差ないかもしれませんが、HDDの交換しやすさはこちらの方が上です。

Gateway FX7028jと比較すると以下の通り。

  FX7028j FX4710-JB002A
発売日 2008年3月 2008年7月
マザー Intel DG33SXG2 Foxconn G33M05G1
CPU Intel Core 2 Quad Q9450
Yorkfield
4コア
2.66GHz/L2 6MBx2
チップセット Intel G33 Express
RAM DDR2-667MHz 3GB
最大8GB (64bit時)
DDR2-667MHz 4GB
最大8GB (64bit時)
ビデオカード NVIDIA
GeForce 8800 GT OC仕様
GDDR3 512MB 256-bit
NVIDIA
GeForce 9800 GT OC仕様
GDDR3 512MB 256-bit
PCI-Express PCI-Express 1.1
x16 1スロット(0)
X1 2スロット(1)
PCI 1スロット(0)
PCI-Express 1.1
x16 1スロット(0)
X1 1スロット(1)
PCI 2スロット(1)
SATA SATA 2.0×6 SATA 2.0×4
HDD 500GB 640GB
光学ドライブ スーパーマルチ
DVD±RWドライブ (DL対応)
USB USB2.0×6
IEEE 1394 6ピン×2
ネットワーク RJ-45コネクタ×1
(100BASE-TX LAN)
RJ-45コネクタ×1
(1000BASE-T LAN)
電源 400W
OS Windows Vista
Home Premium SP1 32bit 

FX7028jとFX4710-JB002Aは、ほぼ同じスペックながら、Intel製とAcer(Foxconn)製で方向性の違いを感じます。
Intel製マザー(Acer買収前はIntelのOEM品が多かった)のFX7028j過去よりも未来、FX4710-JB002Aは保守と言えますでしょうか。
SATA端子、PCI-Expressに違いを見れます。ただ何故かLAN端子だけはFoxconnの方が上です。
BIOSはFX7028jがUEFI BIOS、FX4710-JB002AはレガシーBIOSです。

Gateway FX4710-JB002Aの現在の仕様

項目 メーカー名 名称
マザー Foxconn G33M05G1
CPU Intel Core 2 Quad Q9450
(2.66GHz/L2 6MBx2)
チップセット Intel G33 Express
RAM DDR2-800 8GB (2GB×4)
Video NVIDIA GeForce GTX 660 Ti GDDR5 2GB
HDD HITACHI WD5000AAKX(500MB/Boot)
光学ドライブ Hitachi-LG Data Storage GH15F (スーパーマルチ)
電源 玄人志向 80PLUS STANDARD取得 ATX電源 500W
KRPW-L5-500W/80+
OS Microsoft Windows 10 Pro 64bit

太文字がノーマルでは無いところです。
ビデオカードは、入手時からGeForce GTX 550 Tiでした。元々のGeForce 9800GTは壊れている可能性高いですし。
ただGeForce GTX 550 Tiも過去の遺物状態。
メモリはノーマルの4GBで、これはWindows 10では辛い状態なので最大の8GBに増設。
HDDは余っていた500GBを付けました。
電源は使えましたがいつ壊れるか判らないので玄人志向の500Wへ交換しました。
そしてWindows 10 Proをインストール。
とりあえず使える環境にしたけど、Core 2世代は今だと少々辛い状態ですね。

HWiNFO64測定結果

マザーボードはFoxconn製G33M05G1です。BIOSは841P051Gです。
メモリはDDR2-800を使用していますが効果は不明。

GPU-Z測定結果

GeForce GTX 550 Ti (GF116)は、2011年3月版となります。GF116はFermiアーキテクチャのGPUとなります。
オリジナルは2008年のTeslaアーキテクチャのGeForce 9800 GT (G92)です。GeForce 8800 GTのリネーム品と思われます。
Teslaアーキテクチャの次世代がFermiアーキテクチャなので次世代とも言えます。もう古いですが。
Direct X11世代のFermiアーキテクチャの為、ドライバーサポートが2018年3月の391.35が最終版となっています。
最新のビデオカードも使えますが、ケースの制限と電源を交換の対策が必要です。

GeekBench Score

CPUの性能を測定する定番のベンチマークです。

  Model   FX4710-JB002A FX7028j
CPU Name Intel Core 2 Quad Q9450 Intel Core 2 Quad Q9450
Core / Thread 4 Cores 4 Cores
Base Frequency 2.66GHz 2.66GHz
Memory Size 8GB 16GB
Type DDR2 SDRAM DDR3 SDRAM
Frequency 399MHz 665MHz
GeekBench 5

(Intel Core i3-8100 = 1000)
Single-Core Performance Single-Core Score 413 401
Crypto Score 54 53
Integer Score 436 419
Floating Point Score 423 420
Multi-Core Performance Multi-Core Score 1397 1352
Crypto Score 210 207
Integer Score 1468 1413
Floating Point Score 1441 1412
GeekBench 4

(Intel Core i7-6600U = 4000)
Single-Core Performance Single-Core Score 1845 1819
Crypto Score 128 127
Integer Score 2242 2207
Floating Point Score 1516 1513
Memory Score 1875 1827
Multi-Core Performance Multi-Core Score 5528 5474
Crypto Score 506 500
Integer Score 7719 7657
Floating Point Score 5450 5416
Memory Score 1969 1883

前モデルのGateway FX7028jとの比較です。
基本的に同じCPU、ビデオ、チップセットですのでほぼ同じですが、微妙にGateway FX4710の方が上のように感じます。、

CINEBENCH

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
2019年にRelease 20が公開されました。

Model   FX4710-JB002A FX7028j
CPU Name Intel Core 2 Quad Q9450 Intel Core 2 Quad Q9450
Core / Thread 4 Cores 4 Cores
Base Frequency 2.66GHz 2.66GHz
Memory Size 8GB 16GB
Type DDR2 SDRAM DDR3 SDRAM
Frequency 400MHz 665MHz
CINEBENCH R20 (2019年) CPU 624 pts 624 pts
CINEBENCH R15 (2013年) CPU 290 cb 290 cb
CINEBENCH R11.5 (2010年) CPU 3.22 pts 3.22 pts
CINEBENCH R10 (2007年)
Single CPU 3260 CB 3260 CB
Multiple CPU 11330 CB 11330 CB
Multiprocessor Speedup 3.40 x 2.06 x

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
OpenGLに関しては、GT5058jとは安物ビデオカードの比較になっていますが、CPUに関しては64bit動作でCore 2 Duoよりいい値が出ています。
Pentium 4/D系の半分のクロックがイコールな感じなので1.7GHz相当と考えると64bitでCore 2系が苦労しているのを感じます。

3DMark

ベンチマーク定番の3DMarkです。

    FX4710-JB002A FX6850-H78F/G
    Intel Core 2 Quad Q9450 Intel Core i7-2600
    NVIDIA
GeForce GTX 660 Ti
GDDR5 2GB
NVIDIA
GeForce GTX 570
GDDR5 1.25GB
Time Spy
(DX12)
Time Spy V1.0 スコア 1557 測定不能
グラフィックスのスコア 1544
CPUスコア 1642
Night Raid
(DX12)
Night Raid V1.0 スコア 9651 9709
グラフィックスのスコア 22933 12187
CPUスコア 2254 4512
Fire Strike
(DX11)
Fire Strike V1.1 スコア 4699 3781
グラフィックスのスコア 5646 4113
物理スコア 4477 8776
総合スコア 2153 1358
Sky Driver
(DX11)
Sky Driver V1.0 スコア 11562 11502
グラフィックスのスコア 19281 12356
物理スコア 4115 7993
総合スコア 8981 13378

GeForce GTX 570とGeForce GTX 550 Ti、試しにRadeon RX 550を付けて測定してみました。
グラフィック部分はビデオカード次第で伸びしろがありますが、CPUやメモリが絡むと足を引っ張る形でしょうか。
Core i世代であれば頑張れるかもしれませんが、Core 2世代はつらくなった感じですね。

Unigine Superposition

Unigineが2017年に公開したベンチマークソフトです。

Model FX4710-JB002A FX6850-H78F/G
CPU Intel Core 2 Quad Q9450 Intel Core i7-2600
GPU NVIDIA
GeForce GTX 660 Ti
GDDR5 2GB
NVIDIA
GeForce GTX 570
GDDR5 1.25GB
8K OPTIMIZED RESULT (VRAM 6241MB) 測定不能 測定不能
4K OPTIMIZED RESULT (VRAM 4193MB) 855 398
1080P EXTREME RESULT (VRAM 3322MB) 745 799
1080P HIGHT RESULT (VRAM 3320MB) 2274 2044
1080P MEDIUM RESULT (VRAM 1299MB) 3417 3100
720P LOW RESULT (VRAM 643MB) 5901 8332

VRAMが活きる間は、GPUスペックになりますが、VRAM不足でメインメモリを使うとなると遅さが露呈します…。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION Official Benchmark Ver 1.2

スクウェア・エニックスが2018年2月に動作確認用に公開したベンチマークソフトです。

Model FX4710-JB002A FX6860-N78F/G
CPU Intel Core 2 Quad Q9450
Intel Core i7-2600
GPU NVIDIA
GeForce GTX 660 Ti
GDDR5 2GB
NVIDIA
GeForce GTX 570
GDDR5 1.25GB
高画質 1920x1080 フルスクリーン 1150 (動作困難) 995 (動作困難)
標準画質 1920x1080 フルスクリーン 2901 (やや重い) 2162 (重い)
軽量画質 1920x1080 フルスクリーン 3837 (普通) 3602 (普通)

現在のゲームは、GeForce GTX660では辛いですね。1920x1080は軽量画質でやっと普通です。

コメント

Gateway FX7028jの次がGateway FX6850だっので、このモデルは新品で購入したことが無いのですが、11年目にして手に入れました。
今のCore i系の前の世代のCore 2系である事からCPUパフォーマンス的に現在のWindows 10世代ではパフォーマンス面で見劣りすること、
メモリが8GBが最大なので肥大化するソフトには辛いことを考慮すると、今はとりあえず使えるけど買い替え方が良いと感じますね。
ただ10年経過してもメモリ増設とビデオカード交換で延命できるという所はゲーマーPCの強みでしょうか。

1998 - 2019 Atelier Nii all rights reserved.