Gateway FX6800-03j (2008年12月発売)

マシンの近状

一度手放してしていましたが、コレクションで再び。
Gateway FX6850を購入したときに、比較と興味本位で。
現在はWindows 10時代のパフォーマンス比較用です。

Gateway FX6800-03jについて


クリックするとカタログPDFが表示されます。

2008年12月にGateway FXシリーズのIntel Core i7搭載モデルとして登場しました。
日本の初めてのGateway FX7028jが2008年3月でしたので、1年間で3種類のケースと慌ただしい時代でした。
第一世代のCore i7は、2008年11月16日正式発表と同時にGateway FX6800が発表され、
12月上旬に発売開始だったので、結構先陣を切ったモデルとも言えます。

米国ゲートウェイ社、インテル® CORE i7 920プロセッサー搭載 FXシリーズ新製品「FX6800-03j」を発表

ASCII.jp : Core i7搭載パソコン 先陣を切ったのはこの4社!

ただ、第一世代は色々と過渡期だったCPUで、Core 2時代と第二世代のCore i7とは違ったハードウェアでした。
第一世代はメモリインターフェースをCore 2までのチップセットからCPUへ内臓。
チップセットとのインターフェースをCore 2までのパラレル通信のFSB(Front Side Bus)から、
シリアル通信のQPI(QuickPath Interconnect)と変更されました。
第一世代はノースブリッジにつなぐ想定の設計となっていて、PCI-Expressはノースブリッジ上で管理されていましたが、
第二世代は、PCI-Expressコントローラーも内蔵して、QPIの概念は無くなり、直接USBやSATA等を制御するサウスブリッジへ接続となり、
ノースブリッジとサウスブリッジを接続するDMIインターフェスでコントロールされる形となります。

チップセットは、当時Intel X58 Expressのみでしたので、このチップセットを採用しています。
この為、日本で発売されたGateway FXシリーズでは唯一のSLI対応マザーである事です。(マイナーチェンジのFX6801含む)

ただ、拡張スロットが4スロットというMicro ATX仕様のため、ギリギリな設計になっています。
ちなみにAcer Aspire M7720という姉妹モデルが日本国内でも販売されていました。

Acer Aspire M7720はGateway FX6800とスペックはHDDの容量違い(640GBと1TB)程度でした。

Gateway FX4710-JB002Aと比較すると以下の通り。

  FX4710-JB002A FX6800-03j
発売日 2008年7月 2008年12月
マザー Foxconn G33M05G1 Foxconn TBGM01
CPU Intel Core 2 Quad Q9450
Yorkfield
4コア
2.66GHz/L2 6MBx2
Intel Core i7-920
Bloomfield
4コア 8スレッド
2.66GHz/L3 8MB
チップセット Intel G33 Express Intel X58 Express
RAM DDR2-667MHz 4GB
最大8GB (64bit時)
DDR3-1066MHz 6GB
最大24GB
ビデオカード NVIDIA
GeForce 9800 GT OC仕様
GDDR3 512MB 256-bit
ATI
Radeon HD 4870
GDDR5 1GB 256-bit
PCI-Express PCI-Express 1.1
x16 1スロット(0)
X1 1スロット(1)
PCI 2スロット(1)
PCI-Express 1.1
x16 2スロット(1)
X2 1スロット(1)
X1 1スロット(0)
SATA SATA 2.0×4 SATA 2.0×6
HDD 640GB 1TB
光学ドライブ スーパーマルチ
DVD±RWドライブ (DL対応)
USB USB2.0×6 USB2.0×8
IEEE 1394 6ピン×2
ネットワーク RJ-45コネクタ×1
(1000BASE-T LAN)
RJ-45コネクタ×1
(1000BASE-T LAN)
電源 400W 750W
OS Windows Vista
Home Premium SP1 32bit 
Windows Vista
Home Premium SP1 64bit 

Gateway FX7028jとGateway FX4710-JB002Aの当時販売価格は129,800円、Gateway FX6800-03jは149,800円と2万円違いです。
ちなみにAcer Aspire M7720は16万円程度のとの事です。
当時としては比較的お買い得だったかもしれません。

Gateway FX6800-03jの現在の仕様

項目 メーカー名 名称
マザー Foxconn TBGM01
CPU Intel Intel Core i7-960
(3.2GHz/L3 8MB)
チップセット Intel X58 Express
RAM DDR3-533 24GB (4GB×6)
Video ATI/AMD (ZFX) Radeon HD 7850
GDDR5 1GB 256-bit
HDD Seagate ST1000DM003(1TB/Boot)
光学ドライブ Hitachi-LG Data Storage GH40F (スーパーマルチ)
電源 純正 750W
OS Microsoft Windows 10 Pro 64bit

太文字がノーマルでは無いところです。
HDDが無い以外は純正状態でしたが、メモリエラーが発生したので4GB-DIMMのメモリへ交換して最大サイズの合計24GB、
CPUも最上位モデルCore i7-960へ交換、HDDを付けてWindows 10 Proをインストールしました。
CPUもこの世代のCore i7は安くなっているので最上位の3.2GHz駆動のCore i7-960に交換しました。

ゲーマーPCとして肝心のビデオカードであるATI Radeon HD 4870用のドライバーがWindows 8用の13.1(2013年1月)で提供終了。
ライフタイムは約5年ですね。結構短命だ…。
この前モデルのFX4710に搭載されていたGeForce 9800 GTは2016年12月の342.01が最終なので、AMD(ATI)のライフタイムは短いかなと思います。
パフォーマンスもですが、長く使えるようにサポートするのも重要と思います。
Windows 10ではマイクロソフトのRadeon HD 4870用の標準ドライバーで動作している状態だったので、
手元にあった最新ドライバーに対応しているXFX製のRadeon HD 7850 2GBに交換しました。

こちらは2012年製ですが、ドライバーは最新が提供されています。

HWiNFO64測定結果

マザーボードはFoxconn製TBGM01です。BIOSはレガシーBIOSでバージョンはR01-A4です。

GPU-Z測定結果

XFX製の2012年5月モデルのRadeon HD 7850です。
下はオリジナルのビデオカードであるRadeon HD 4870。

ATI Radeon HD 4870 (RV770)は、2008年1月版となります。

GeekBench Score

CPUの性能を測定する定番のベンチマークです。

  Model   FX6800-03j FX4710-JB002A
CPU Name Intel Core i7-960 Intel Core i7-920 Intel Core 2 Quad Q9450
Core / Thread 4 Cores, 8 Threads 4 Cores, 8 Threads 4 Cores
Base Frequency 3.2GHz 2.66GHz 2.66GHz
Memory Size 24GB 24GB 8GB
Type DDR3 SDRAM DDR3 SDRAM DDR2 SDRAM
Frequency 533MHz 533MHz 399MHz
GeekBench 5

(Intel Core i3-8100 = 1000)
Single-Core Performance Single-Core Score 588 479 413
Crypto Score 65 54 54
Integer Score 613 501 436
Floating Point Score 620 551 423
Multi-Core Performance Multi-Core Score 2400 2018 1397
Crypto Score 277 238 210
Integer Score 2528 2164 1468
Floating Point Score 2477 1998 1441
GeekBench 4

(Intel Core i7-6600U = 4000)
Single-Core Performance Single-Core Score 2693 2349 1845
Crypto Score 164 139 128
Integer Score 3018 2552 2242
Floating Point Score 2302 1914 1516
Memory Score 3181 3098 1875
Multi-Core Performance Multi-Core Score 9627 8366 5528
Crypto Score 709 596 506
Integer Score 13085 11256 7719
Floating Point Score 9778 8378 5450
Memory Score 3851 3791 1969

Gateway FX4710と比較するとCore 2 QuadとCore i7では同クロックでは多少のパフォーマンスアップですが、
マルチコアにあるとハイパースレッディングが生きてCore 2 Quadの違いが現れます。
3.2GHzのCore i7-960に交換したらCore 2 Quadと差が出ていると感じます。

CINEBENCH

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
2019年にRelease 20が公開されました。

Model   FX6800-03j FX4710-JB002A
CPU Name Intel Core i7-960 Intel Core 2 Quad Q9450
Core / Thread 4 Cores, 8 Threads 4 Cores
Base Frequency 3.2GHz 2.66GHz
Memory Size 24GB 8GB
Type DDR3 SDRAM DDR2 SDRAM
Frequency 533MHz 400MHz
CINEBENCH R20 (2019年) CPU 1066 pts 624 pts
CINEBENCH R15 (2013年) CPU 504 cb 290 cb
CINEBENCH R11.5 (2010年) CPU 5.66 pts 3.22 pts
CINEBENCH R10 (2007年)
Single CPU 4770 CB 3260 CB
Multiple CPU 19111 CB 11330 CB
Multiprocessor Speedup 4.01 x 3.40 x

Core i7-960とCore 2 Quad Q9450だとスレッド数の差が2倍近いスコア値に出ていると思います。

3DMark

ベンチマーク定番の3DMarkです。

    FX6800-03j FX4710-JB002A
    Intel Core i7-960 Intel Core 2 Quad Q9450
    ATI
Radeon HD 7850
GDDR5 2GB
NVIDIA
GeForce GTX 660 Ti
GDDR5 2GB
Time Spy
(DX12)
Time Spy V1.0 スコア 1378 1557
グラフィックスのスコア 1278 1544
CPUスコア 2480 1642
Night Raid
(DX12)
Night Raid V1.0 スコア 10151 9651
グラフィックスのスコア 18410 22933
CPUスコア 2866 2254
Fire Strike
(DX11)
Fire Strike V1.1 スコア 4686 4699
グラフィックスのスコア 5276 5646
物理スコア 7917 4477
総合スコア 1912 2153
Sky Driver
(DX11)
Sky Driver V1.0 スコア 13014 11562
グラフィックスのスコア 15467 19281
物理スコア 6916 4115
総合スコア 15023 8981

FX6800 + Radeon HD 7850とFX4710 + GeForce GTX 660 TiだとGPUはGTX 660 Ti、CPUではFX6860という結果になりました。
Radeon HD 7850は同時期のGeForce GTX 560 Tiに勝てていない性能なので致し方ないところか…。

Unigine Superposition

Unigineが2017年に公開したベンチマークソフトです。

Model FX6800-03j FX4710-JB002A
CPU Intel Core i7-960 Intel Core 2 Quad Q9450
GPU ATI
Radeon HD 7850
GDDR5 2GB
NVIDIA
GeForce GTX 660 Ti
GDDR5 2GB
1080P EXTREME RESULT (VRAM 3322MB) 861 745
1080P HIGHT RESULT (VRAM 3320MB) 2140 2274
1080P MEDIUM RESULT (VRAM 1299MB) 3167 3417
720P LOW RESULT (VRAM 643MB) 8912 5901

メモリ負荷がかかるほどGeForce GTX 660 TIの方が良い結果となっています。
720P LOW RESULTでは、Radeon HD 7850が3000差で勝っているのでShaderの特性の違いでしょうか。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION Official Benchmark Ver 1.2

スクウェア・エニックスが2018年2月に動作確認用に公開したベンチマークソフトです。

Model FX6800-03j FX4710-JB002A
CPU Intel Core i7-960 Intel Core 2 Quad Q9450
GPU ATI
Radeon HD 7850
GDDR5 2GB
NVIDIA
GeForce GTX 660 Ti
GDDR5 2GB
高画質 1920x1080 フルスクリーン 1294 (動作困難) 1150 (動作困難)
標準画質 1920x1080 フルスクリーン 2266 (重い) 2901 (やや重い)
軽量画質 1920x1080 フルスクリーン 3088(普通) 3837 (普通)

AMD Radeon HD7850だと現在のゲームは辛いですね。

コメント

今、FX6800のブート画面、BIOSを見るとIntelマザー時代、FX6850以降などと比較すると起動時にデバイスの起動表示等や設定画面などで
色々と古いBIOSだなと感じます。

1998 - 2019 Atelier Nii all rights reserved.