Gateway FX7028j (2008年3月発売)

マシンの近状

Windows 7のサポートが終了する前にWindows 10にアップデートしました。
Windows 10アップデートに伴い、メモリを最大の8GBに増設、HDDも増量しました。

Gateway FX7028jについて


クリックするとカタログPDFが表示されます。

2008年3月に日本初のGatewayのゲーミングPCモデルとしてGateway FXシリーズとして発売されました。
ATXケースのGateway GTシリーズベースでハイエンドなCPUとビデオカードを搭載したモデルとなります。

当時の記事
ASCII.jp : 米ゲートウェイ、Core 2 Quad Q9450搭載のゲーミングデスクトップ「FX7028j」を発売

PC Watch : Gateway、ゲーミングPCブランド「FX」シリーズ ~Core 2 Quad Q9450搭載

Joshin : FX7028J Gateway デスクトップパソコン 試用レポート

Intel Core 2 Quadを搭載したGateway GT5218jからFX7028jと比較すると以下の通り。

  GT5218j GT5228j GT5240j FX7028j
発売日 2007年7月 2007年10月 2008年1月 2008年3月
マザー Intel DG33SXG2
CPU Intel
Core 2 Quad Q6600
Kentsfield
4コア
2.4GHz/L2 8MB
FSB 1066MHz
Intel
Core 2 Quad Q9450
Yorkfield
4コア
2.66GHz/L2 6MBx2
FSB 1333MHz
チップセット Intel G33 Express
RAM DDR2-667MHz 2GB
最大8GB (64bit時)
DDR2-667MHz 3GB
最大8GB (64bit時)
ビデオカード NVIDIA
GeForce 8800GTS
GDDR3 320MB 320bit
NVIDIA
GeForce 8500GT
GDDR3 256MB 128bit
NVIDIA
GeForce 8800GT OC仕様
GDDR3 512MB 256bit
PCI-Express PCI-Express 1.1
x16 1スロット(0)
X1 2スロット(2)
PCI 1スロット(0)
SATA SATA 2.0×4
HDD 500GB
光学ドライブ スーパーマルチ
DVD±RWドライブ
(DL対応)
USB USB2.0×8
IEEE 1394 6ピン×2
ネットワーク 100BASE-TX
電源 400W
OS Windows Vista
Home Premium SP1 32bit

最初にIntel Core 2 Quadを搭載したのは、GT5218jからとなります。
FSB 1333MHz対応のチップセットであるIntel G33 Expressが2007年5月に発売されたので、
この世代からIntel G33 Express搭載のマザーボード「Intel DG33SXG2」となっています。
Gateway FX7028jまでは共通のマザーボードとなっています。
Intel G33 Expressは、DDR3とDDR2のマザーが選択出来たのですが、Gatewayは全モデルDDR2でした。
これは2007年当時はDDR3がまだ一般的ではなく、DDR2 2GBも2万円以上した時代なので時期尚早という感じですかね。
第一世代(Kentsfield)のCore 2 Quadは、FSBが1066MHzで1333MHzに対応していません。
Gateway FX7028jで第二世代(Kentsfield)でFSB 1333MHzに対応しました。
ビデオカードは、Gateway GT5218jがNVIDIA GeForce 8800GTSとハイエンドクラスでしたが、
価格が高かくて苦戦したためか次のGateway GT5228jではGeForce 8500GTにスペックダウン、
Gateway FX7028jでNVIDIA GeForce 8800GT オーバークロック仕様となっています。

Gateway FX7028jの現在の仕様

項目 メーカー名 名称
マザー Intel DG33SXG2
CPU Intel Core 2 Quad Q9450
(2.66GHz/L2 6MBx2)
チップセット Intel G33 Express
RAM DDR2-800 8GB (2GB×4)
Video NVIDIA (Zotac) GeForce GTX 760 GDDR5 2GB
HDD Seagate ST1000DM003(1TB/Boot)
光学ドライブ Hitachi-LG Data Storage H60N (スーパーマルチ)
電源 Thermaltake SMART 500W
OS Microsoft Windows 10 Pro 64bit

太文字がノーマルでは無いところです。
ビデオカードは、元々のGeForce 8800 GTは壊れて現在はGeForce GTX 760に交換。

メモリはWindows 10インストールする為、チップセットの対応最大の8GBに増設。
Komputerbayの2GBX4枚組です。

電源は現在、Thermaltakeの500Wへ交換しました。

OSはWindows 10 Proをインストール。
一応現代のゲームが動作するスペックにしています。

HWiNFO64測定結果

マザーボードはIntel製DG33SXG2です。BIOSはDPP3510J.15A.304です。
Intel製マザーボードの為、UEFI BIOSとなっています。(ただしUEFI 1.x系)

GPU-Z測定結果

GeForce GTX 760 (GK104)は、2013年1月版のUEFI対応版となります。
ただし、ゲーム用途ではGeForce GTX 980、GeForce GTX 1060以降が望ましいですが。

新品購入当時のGPU-Zです。オリジナルは2007年のGeForce 8800GT (G92)でした。
Direct X10世代のアーキテクチャの為、ドライバーサポートが2018年3月の391.35が最終版となっています。
画像は、Windows Vista時代と思われます。
GeForce GTX 760と比較するとシェーダー数が1/10…。時代の進歩ですね。

GeekBench Score

CPUの性能を測定する定番のベンチマークです。

  Model   FX7028j GT5058j
CPU Name Intel Core 2 Quad Q9450 Intel Core 2 Quad Q6600
Core / Thread 4 Cores 4 Cores
Base Frequency 2.66GHz 2.4GHz
FSB Name 1333MHz 1066MHz
チップセット Name Intel G33 Express Intel G965 Express
Memory Size 8GB 8GB
Type DDR2 SDRAM DDR2 SDRAM
Frequency 400MHz 400MHz
GeekBench 5

(Intel Core i3-8100 = 1000)
Single-Core Performance Single-Core Score 401 349
Crypto Score 53 47
Integer Score 419 373
Floating Point Score 420 346
Multi-Core Performance Multi-Core Score 1352 1164
Crypto Score 207 185
Integer Score 1413 1242
Floating Point Score 1412 1158
GeekBench 4

(Intel Core i7-6600U = 4000)
Single-Core Performance Single-Core Score 1819 1520
Crypto Score 127 115
Integer Score 2207 1951
Floating Point Score 1513 1139
Memory Score 1827 1473
Multi-Core Performance Multi-Core Score 5474 4544
Crypto Score 500 452
Integer Score 7657 6571
Floating Point Score 5416 4122
Memory Score 1883 1637

最後のBTXケースのGateway GT5058jにCore 2 Quad搭載したのとFX7028jとの比較です。
実質的にはクロック差の違い程度しか差が出ていません。

CINEBENCH

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
2019年にRelease 20が公開されました。

Model   FX7028j GT5058j
CPU Name Intel Core 2 Quad Q9450 Intel Core 2 Quad Q6600
Core / Thread 4 Cores 4 Cores
Base Frequency 2.66GHz 2.4GHz
FSB Name 1333MHz 1066MHz
チップセット Name Intel G33 Express Intel G965 Express
Memory Size 8GB 8GB
Type DDR2 SDRAM DDR2 SDRAM
Frequency 400MHz 400MHz
CINEBENCH R20 (2019年) CPU 624 pts 504 pts
CINEBENCH R15 (2013年) CPU 290 cb 238 cb
CINEBENCH R11.5 (2010年) CPU 3.22 pts 2.68 pts
CINEBENCH R10 (2007年)
Single CPU 3260 CB 2734 CB
Multiple CPU 11330 CB 9615 CB
Multiprocessor Speedup 3.40 x 3.52 x

こちらもGeekBenchと同じく、クロックアップ程度のパフォーマンスアップです。

3DMark

ベンチマーク定番の3DMarkです。

    FX7028j FX4710-JB002A
    Intel Core 2 Quad Q9450 Intel Core 2 Quad Q9450
    NVIDIA
GeForce GTX 760
GDDR5 2GB
NVIDIA
GeForce GTX 660 Ti
GDDR5 2GB
Time Spy
(DX12)
Time Spy V1.0 スコア 1553 1557
グラフィックスのスコア 1546 1544
CPUスコア 1599 1642
Night Raid
(DX12)
Night Raid V1.0 スコア 9565 9651
グラフィックスのスコア 22116 22933
CPUスコア 2269 2254
Fire Strike
(DX11)
Fire Strike V1.1 スコア 4961 4699
グラフィックスのスコア 5929 5646
物理スコア 4529 4477
総合スコア 2380 2153
Sky Driver
(DX11)
Sky Driver V1.0 スコア 11503 11562
グラフィックスのスコア 19902 19281
物理スコア 3916 4115
総合スコア 9140 8981

3DMarkは、FX7028jとFX4710-JB002Aの比較です。
Intel Core 2 Quad Q9450 + DDR2-800 8GBの2台で、GeForce GTX 760とGeForce GTX 660 Tiの比較です。
Intel系マザーは、パフォーマンスに弱いのでしょうか?物理演算で足を引っ張っています。
GPU性能としてはGeForce GTX 760の方が少し上の様子です。

Unigine Superposition

Unigineが2017年に公開したベンチマークソフトです。

Model FX7028j FX4710-JB002A
CPU Intel Core 2 Quad Q9450 Intel Core 2 Quad Q9450
GPU NVIDIA
GeForce GTX 760
GDDR5 2GB
NVIDIA
GeForce GTX 660 Ti
GDDR5 2GB
1080P EXTREME RESULT (VRAM 3322MB) 948 745
1080P HIGHT RESULT (VRAM 3320MB) 2737 2274
1080P MEDIUM RESULT (VRAM 1299MB) 4296 3417
720P LOW RESULT (VRAM 643MB) 8370 5901

こちらは、3D Mark以上にはっきりと出ています。
GeForce GTX 660 Tiは、192bitのメモリバス、GeForce GTX 760は、256bitのメモリバスの違いかなと思います。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION Official Benchmark Ver 1.2

スクウェア・エニックスが2018年2月に動作確認用に公開したベンチマークソフトです。

Model FX7028j FX4710-JB002A
CPU Intel Core 2 Quad Q9450
Intel Core 2 Quad Q9450
GPU NVIDIA
GeForce GTX 760
GDDR5 2GB
NVIDIA
GeForce GTX 660 Ti
GDDR5 2GB
高画質 1920x1080 フルスクリーン 1358 (動作困難) 1150 (動作困難)
標準画質 1920x1080 フルスクリーン 2749 (やや重い) 2901 (やや重い)
軽量画質 1920x1080 フルスクリーン 3582 (普通) 3837 (普通)

現在のゲームは、CPUのパフォーマンス不足もあり、GeForce GTX760では辛いですね。
1920x1080は軽量画質でやっと普通です。
CPU負荷も大きいベンチなので、 この辺りでFX4710が良い結果になった可能性あります。

コメント

2008年から2011年の4年間、メインマシンとして頑張ってもらいました。
NVIDIA GeForce 9800GTに交換して、マザーボードの不具合もありマザーボードを交換しています。
Gateway FX6850にメインPCを譲った後は引退していました。
2019年にメモリを8GB、GeForce GTX 760に交換してWindows 10へアップデート。
以外にまだ使えるレベルですがゲームや重いアプリはやはり辛いですね。

1998 - 2019 Atelier Nii all rights reserved.