Gateway SELECT 950


マシンの近状

久々に電源投入したところ、無事動作しました。
Windows 2000だったのでWindws XPをインストールしてアップグレード。
流石にこの時期のはWindiows Vista以降は厳しそうです。

Gateway SELECT 950について

2000年のIntelとAMDの熾烈な1GHz競争が落ち着き、2001年1月に新タワーケースのローエンドモデルとして登場しました。
当時価格でSELECT 900は、129,800円と比較的安いモデルでした。
Gatewayは、2001年8月に日本から撤退する事となり、日本ゲートウェイ時代の最後の世代のモデルとなります。
ケースなどは撤退から約3年後の2004年末に再上陸時したGateway 705JPに通じるネジレス構成となっていて同じメーカーだなと感じる部分があります。

Gateway SELECT 950の現在の仕様

CPU AMD Athlon 950MHz (Thunderbird)
FSB 200MHz
マザーボード Gateway (MSI) MS-6330 V2.1
チップセット VIA KT133 (VT8363)
メモリ EDO RAM 1.5GB
ビデオカード NVIDIA (MSI) GeForce 2 MX 400 32MB (AGP)
サウンドカード Creative SoundBlaster AUDIO PCI 128D CT5800
LANカード 3Com 3C905-TX EtherLink 10/100
HDD WDC WD3200JB (24bit LBAの為、137GB)
OS Microsoft Windows XP Professional SP3

当時のGatewayのIntelモデルはIntelからのOEMで、AMDモデルはMSIからのOEMのモデルの様子でした。
マザーはMSIのMS-6330というVIA KT133チップセット搭載のマザーボードを使用して、
ビデオカードは、MSIのGeForce MX400でした。

内部の様子は下記の写真で

このケースはネジレスが特徴的でした。
これは撤退後、再上陸した際の705JPからGX7010まて引き継がれました。
ATXの電源が当時もファンがBOX内ではないというところが時代を感じます。

HWiNFO32測定結果

AMD Athlon 950MHz、MSIのMS-6330のGateway OEM版、
VIA KT133チップセットとMSI製のGeForce2 MX400と
実は当時のAMD CPUモデルはMSI製と言ってもいいくらい?
元々はWindows Meプリインストールモデルでしたので、Windows XPはメモリ増設したら使えますね。
マザーボード的には1.5GBまでサポートしているので最大の1.5GBまで増設しました。

CPU-Z測定結果

HWINFOでは詳しく判らない為、CPU-Zでチェックしてみました。

マザーボートの詳細です。

マザーボードは、MS-6330 Ver 2.1の様子です。

GeekBench Score

CPUの性能を測定する定番のベンチマークです。

Model   SELECT 950 G6-266
CPU Name AMD Athlon Intel Pentium II
Base Frequency 950MHz 300MHz
FSB   200MHz 66MHz
チップセット   VIA KT133 Intel 440FX PCI
Memory Size 1.5GB 128MB
Type SDRAM EDO RAM
GeekBench 2 GeekBench Score 550 130
Integer Score 606 191
Floating Point Score 757 163
Memory Score 294 30
Stream Score 143 37

Windows XPなのでGeekBench 2しか動作しません。
Pentium IIのG6-266(300)と比較すると結構な差が出でいます。

コメント

現在所有しているPCで唯一のAGP搭載モデルだったりします。

1998 - 2019 Atelier Nii all rights reserved.