Apple Power Mac G5 Late 2005 / M9590J/A

マシンの近状

かつて所有していたPowerMac G5が二束三文(数千円)で売られていたのでコレクション用に購入。(汗
Mac OS X 10.5 Leopardをインストールして使えるようにしました。
本体のずっしりと来る重さが…。(汗

内部は、初期型から比較すると大分カバーされた形となります。

前側のファンを取り外したところ。
初期のPowerMac G5とは異なり、2つのCPUを一体で冷却するようになっています。
ちなみにこのモデルは、2GHz Dualなので、液冷ではなく空冷です。


Power Mac G5 Late 2005について

PowerMac G4の後継モデルとして2003年夏に登場したPowerMac G5シリーズの最終モデルとなります。
PowerMac G5は、WWDC 2003にて発表されました。

PowerPC G5は、IBMが製造する世界で最初の64bit対応デスクトッププロセッサとの事。
12インチのウェハを手にして撮影対応する故スティープ・ジョブズCEO(当時)。
実は、ウェハが発表の席に登場するのはIntel移行時とこの時だけと思います。

PowerMac G5はアルミケースで、排熱に考慮したデザインと説明していました。

当初は、Intel系CPUよりもパフォーマンスが良く、3GHzも登場すると説明していましたが、高クロックCPUの製造が順調に行かず、
結果的にIntel系はNetBurstアーキテクチャーのPentium 4系で4GHzに近づく勢いに対しPowerPC系は2.5GHz〜2.7GHz程度が限界。
数値的に見劣りする状態となっていました。
PowerPC系の期待されるパフォーマンスに届いていないことから2005年のWWDCでMacのIntelベースへの移行を発表。
PowerPC系からIntel系へプラットフォームを移行することを発表されました。
その後の2005年10月19日に最後のPowerMac G5としてLate 2005が発表されました。
時期的に中途半端に時期に登場していますが、本来はこのモデルをベースに継続モデルを作るつもりだったかもしれませんが、Intel移行が決まってしまったために短命になってしまったと思われます。
Windows PC系と比べて遅れ気味だった技術トレンドを取り入れていて、それまで搭載されていたPCI-XベースのバスシステムをPCI Expressに刷新し、メモリもDDR-SDRAMからDDR2-SDRAMとなりメモリパフォーマンスも向上しています。
またOSサポートも2007年秋〜2009年夏までリリースされたMac OS X 10.5 Leopardが最終対応OSとなり、この意味でも現役短命なモデルとなります。

Power Mac G5 Late 2005の最後の仕様

項目
メーカー名
名称
機種ID   PowerMac11,2
CPU IBM PowerPC 970FX Dual 2GHz
(L2 1MB)
FSB   Dual 1GHz
RAM DDR2 2GB (1GB×2)
Video NVIDIA GeForce 6600 LE 256MB (PCI-Express)
HDD HGST 500GB/SATA
光学ドライブ Pioneer DVR-110D (スーパードライブ/ATA)
OS Apple Mac OS X v10.5.8 Leopard

HDDが付属していなかったので、iMacから外した500GB HDDを取り付けました。
それ以外はノーマルですね。

このMacについて

OSはアップグレードできる限界(PowerPC最終版)であるMac OS X v10.5.8です。
Mac OS X v10.5.8アップデータのリリースは、2009年8月なので既に5年以上経過しているという事になります。

GeekBench 2 Score

Model PowerMac G5
(Late 2005)
2GHz Dual
Power Mac G5
(June 2004)
2GHz Dual
Mac Pro
(Mid 2006)
2.66GHz Dual
CPU PowerPC G5
970MP 2GHz
PowerPC G5
970FX 2GHz
Intel Xeon 5150
2.66GHz
RAM 2GB
DDR2 533MHz
2GB
DDR 400MHz
16GB
DDR2 ECC 667MHz
OS Mac OS X 10.5.8 Mac OS X 10.5.8 Mac OS X 10.6
Geekbench Score 1899 1804 5546
Integer 2014 1971 4833
Blowfish single-core scalar 45.0 MB/sec 1024 1024 1867
multi-core scalar 89.3 MB/sec 2178 2163 7995
Text Compress single-core scalar 5.13 MB/sec 1604 1450 2088
multi-core scalar 9.93 MB/sec 3026 2688 8019
Text Decompress single-core scalar 5.88 MB/sec 1430 1432 1874
multi-core scalar 11.7 MB/sec 2944 2949 7673
Image Compress single-core scalar 11.4 Mpixels/sec 1383 1384 1907
multi-core scalar 22.7 Mpixels/sec 2698 2687 7468
Image Decompress single-core scalar 22.0 Mpixels/sec 1308 1294 1702
multi-core scalar 40.2 Mpixels/sec 2462 2467 6637
Lua single-core scalar 531 Knodes/sec 1379 1389 2991
multi-core scalar 1.05 Mnodes/sec 2732 2730 7780
Floating Point 2123 2024 9178
Mandelbrot single-core scalar 888 Mflops 1334 1335 1988
multi-core scalar 1.76 Gflops 2690 2689 8077
Dot Product single-core scalar 665 Mflops 1375 1372 3663
multi-core scalar 1.31 Gflops 2878 2865 15516
single-core vector 1.99 Gflops 1660 1660 2946
multi-core vector 3.95 Gflops 3801 3803 13549
LU Decomposition single-core scalar 677 Mflops 761 529 752
multi-core scalar 1.02 Gflops 1160 552 3039
Primality Test single-core scalar 333 Mflops 2231 2041 4262
multi-core scalar 651 Mflops 3506 3128 12969
Sharpen Image single-core scalar 3.02 Mpixels/sec 1292 1289 5550
multi-core scalar 5.87 Mpixels/sec 2548 2575 22412
Blur Image single-core scalar 1.19 Mpixels/sec 1503 1506 6731
multi-core scalar 2.35 Mpixels/sec 2987 3002 27044
Memory 1474 1366 2237
Read Sequential single-core scalar 2.11 GB/sec 1723 1510 2548
Write Sequential single-core scalar 1.23 GB/sec 1800 1597 2965
Stdlib Allocate single-core scalar 3.30 Mallocs/sec 883 1045 2361
Stdlib Write single-core scalar 2.92 GB/sec 1412 1388 1699
Stdlib Copy single-core scalar 1.60 GB/sec 1554 1293 1616
Stream 1564 1332 1950
Stream Copy single-core scalar 2.06 GB/sec 1504 1298 1947
single-core vector 2.18 GB/sec 1683 1359 2154
Stream Scale single-core scalar 1.91 GB/sec 1470 1334 2072
single-core vector 2.17 GB/sec 1606 1340 2082
Stream Add single-core scalar 2.18 GB/sec 1443 1232 1694
single-core vector 2.22 GB/sec 1597 1384 2175
Stream Triad single-core scalar 2.19 GB/sec 1586 1379 1868
single-core vector 3.05 GB/sec 1627 1330 1612

PowerMacでは、最新のGeekBenchでは動作しないので、PowerPCサポートの最終版を使ってベンチマークしました。
旧モデルと後継のMacProはWeb上にあるベンチマーク結果から引用しています。
旧モデルとの比較は、CPU自体がPowerPC 970FXと970MPでL2サイズが512KBから1MBになっているのでその効果が多少出ていると思われます。
メモリ関係は、DDRとDDR2の違いで効果が出ています。
しかし、後継モデルのMac Proと比較すると差が大きく…。(汗
Mac Proに搭載されているIntel Xeonはデュアルコア、デュアルプロセッサなので、単純にマルチコア部分では2倍以上の性能となります。
それ以上にインパクトがあったのは、浮動小数点演算部分です。この辺りがPowerPCとIntel x86系の差かもしれません。

CINEBENCH

Model PowerMac G5
(Late 2005)
PowerMac G4
(QuickSilver 2002)
MacBook Pro 13
(Mid 2009)
CPU PowerPC G5 970MP
Dual 2GHz
PowerPC G4 7450
Dual 1GHz
Intel Core 2 Duo P8700
2.53GHz
RAM 2GB DDR2 533MHz 1.5GB SDRAM 133MHz 8GB DDR3 1067MHz
GPU NVIDIA GeForce 6600LE NVIDIA GeForce 4 MX NVIDIA GeForce 9400M
OS Mac OS X 10.5.8 OS X Yosemite 10.10.1
CINEBENCH R10
OpenGL 1806 CB 142 CB 4607 CB
Single CPU 1613 CB 679 CB 2708 CB
Multiple CPU 2978 CB 1231 CB 5414 CB
Multiprocessor Sppedup 1.85 x 1.81 x 2.00 x
CINEBENCH R11.5 OpenGL - - 6.10 fps
CPU 0.78 pts 0.29 pts 1.44 pts

3DツールのCINEMA 4Dを開発しているMAXON社の動作パフォーマンスを測定するベンチマークです。
PowerMac G4と比較するとクロックの数値以上の速度アップがされています。
しかし、MacBook Proと比較すると60%ぐらい・・・。現在のCore i系と比較すると大きく差が出ています。

コメント

PowerMac G5以降のPro用Macって、変革時期に突入して結構現役で使える期間が短命なモデルが多い印象です。
このPowerMac G5も最前線で使えたのも1年未満、OSサポートも4年…。
次の初代Mac Proは2006年から2008年まで2年間発売されましたが、ブートシステムが32bitという事が理由でOS X 10.7まで…。
まあ、Mac Proの場合は裏技で今のYosemiteも使える様子ですが。

とりあえず、PowerPC専用ソフトで使っていたソフトがあるのでそれ様に使う予定です。

1998 - 2016 Atelier Nii all rights reserved.